Eurythmics ⑤ Beethoven (ベートーヴェン)

ヒット曲を連発していたこのグループも衰退期を迎えます。
eu501_convert_20170524015348.jpg

"Beethoven (I Love to Listen To)"「ベートーヴェン」(Eurythmics)
1987年リリースの6thアルバム"Savage"「サベージ」からの英国でのファースト・シングル。Annie Lennox & David A. Stewartの作品。UKシングル・チャート最高位25位。米国ではリリースなし。



さらに続きます。

続きを読む

Herb Alpert ① The Lonely Bull (悲しき闘牛)

Alice Cooperの後は、トランペット奏者・レコード会社副社長・プロデューサー・ソングライターと多彩な顔を持ち、1960年代からずっと第一線で活躍しているHerb Alpertを取り上げます。作曲やプロデュースで名をあげたHerbは、1962年にJerry MossとA&Mレーベルを設立。バンド"The Tijuana Brass featuring Herb Alpert"(初期名称)を結成し、本格デビューします。デビューシングルは、こちら。
ha101_convert_20170520014647.jpg

"The Lonely Bull (El Solo Toro)"「悲しき闘牛」(Herb Alpert & The Tijuana Brass)
日本では、"Taste Of Honey"「蜜の味」がヒットしてから過去のシングルが発売されたため、1967年のリリースです。同名のデビューアルバム収録。Sol Lakeの作品。このグループは、メキシコのマリアッチ・スタイルのバンドで「アメリアッチ」と呼ばれました。
1962年Billboard最高位6位。



さらに続きます。

続きを読む

Eurythmics ④ Missionary Man (ミッショナリー・マン)

4thアルバムからわずか一年で5thアルバム"Revenge"が登場。ファーストシングルは、米・英で違う曲でした。米国でのファースト・シングルは、この曲。
eu501_convert_20170516003349.jpg

"Missionary Man"「ミッショナリー・マン」(Eurythmics)
英国では、4thシングルという扱いでした。Annie Lennox & David A. Stewart作品。「宣教師に夢中になったらだめよ」というAnnieの実体験から来た歌。(当時宣教師の夫と離婚)この曲でグラミー賞ロックヴォーカル・デュオを受賞しています。
1986年Billboard最高位14位。



さらに続きます。

続きを読む

Alice Cooper ⑥ Poison (ポイズン)

80年代は、低迷したAlice Cooperでしたが、1989年にEpicレーベルへ移籍。Desmond ChildプロデュースでAerosmithやBon Joviのメンバーが参加して制作されたアルバム"Trash"からヒット曲が生まれます。
ac602_convert_20170511022607.jpg

"Poison"「ポイズン」(Alice Cooper)
Alice Cooper、Desmond Child、John McCurryの共作。この曲は、UKシングル・チャートでも最高位2位を記録。アルバムもBillboard最高位20位と1976年以来のTop40ヒットとなりました。 日本では、米国でのセカンド・シングル"House Of Fire"(最高位56位。)とカップリングでした。
1989年Billboard最高位7位。



さらに続きます。

続きを読む

Eurythmics ③ Would I Lie To You ? (ビリーヴ・ミー)

1984年に初来日を果たしたEurythmics。翌年には、4thアルバム"Be Yourself Tonight"「ビー・ユアセルフ・トゥナイト」が登場しました。ファースト・シングルはこちら
eu301_convert_20170507030930.jpg

"Would I Lie To You ?"「ビリーヴ・ミー」(Eurythmics)
アルバムごとに新たな挑戦をするこのグループらしい曲。ストレートなロック&ソウルナンバー。 Annie LennoxとDavid A. Stewartの共作。UKチャートでは、最高位17位でしたが、米国の方がヒットしたようです。
1985年Billboard最高位5位。



さらに続きます。

続きを読む

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
7位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR