R5(アール・ファイブ) Meets Carole King

いきなりこんな写真が出てきて驚きましたが、Studioで遭遇したようです。大物とのショット。
r5ck01_convert_20140205000915.jpg

曲書いてもらえばいいのに・・・

ということで、今日は、キャロルの曲をご紹介。

60年代から当時の夫Gerry Goffinとソングライターとして活躍していたCarole Kingは、ソロ・シンガーとして2枚目のアルバム"Tapestry"を1971年に発表。大ヒットを記録しました。その中の曲"It's Too Late"「心の炎も消え」は、こちらで紹介しています。

実質的デビューアルバム"Writer"の再発を挟んで、発売された第3作"Music"からはこの曲がヒット。
r5c03_convert_20140205004513.jpeg

"Sweet Seasons"「スィート・シーズンズ」(Carole King)
2013年James Taylorとのジョイントライブから。
1972年Billboard最高位9位。



さらに続きます。
5thアルバムからは、こんな曲。
r5c05_convert_20140205004644.jpeg

"Believe In Humanity"「ヒューマニティ」(Carole King)
アルバム"Fantasy”からのファーストシングル。
1973年Billboard最高位28位。

続くアルバムからは、久々の大ヒット。
r5c04_convert_20140205004605.jpeg

"Jazzman"「ジャズマン」(Carole King)
アルバム"Wrap Around Joy"「喜びにつつまれて」からのファーストシングル。サックスでポールの「あの娘におせっかい」に参加したTom Scottが参加。ケニーおじさんより格段上です。
1974年Billboard最高位2位。

そしてこの曲も有名。
r5c06_convert_20140205004729.jpeg

"Only Love Is Real"「愛だけが真実」(Carole King)
ハイファイセットがカバーして日本でも知られています。アルバム"Thoroughbred"「サラブレッド」からのファースト・シングル。
1976年Billboard最高位28位。

r5ck02_convert_20140205000952.jpg
R5もだんだんビッグになってきていますね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR