大瀧詠一氏を偲んで ③

今日は、音頭やイロモノ系の作品から。とにかく音楽の守備範囲の広く、オールディーズ・洋楽以外にも民謡系(三橋美智也ファン)や行進曲(マーチ)など引き出しの多い方でした。まず、プロデュース作品のこの曲から。
oe301_convert_20140119010359.jpeg

作詞・作曲: Lennon & McCartney 訳詞:松本隆 編曲:萩原哲晶 Produce:大瀧詠一
ビートルズ公認カバー。ポールのコンサートのBGMに使用されるほどの曲です。レコード音源には、伊藤銀次、杉真理、佐野元春もセリフで参加。萩原哲晶氏は、クレイジーキャッツの楽曲を手がけた大物です。
昭和57年オ誌最高位64位。



さらに続きます。
バラエティ「俺たちひょうきん族」にも曲を提供。当時、「仕事選べ」とかよく言われてました。
oe302_convert_20140119012934.jpeg

「うなずきマーチ」(うなずきトリオ)
作詞・作曲:大瀧詠一 編曲:多羅尾伴内
ビートきよし、島田洋八、松本竜介の三人のための書き下ろし。
昭和57年オ誌最高位55位。

oe303_convert_20140119010505.jpeg

「邦子のアンアン小唄」(山田邦子)
作詞:伊藤アキラ 作曲:大瀧詠一 編曲:渡辺直樹
オリジナルは、名盤「Let's Ondo Again"」収録の「アンアン小唄」(山形かゑる子)。バックに玉川カルテットを配しており、実は力作。玉川カルテット・バージョンも存在するようです。

「Let's Ondo Again」からのカバーといえば、

「レッツ・オンド・アゲイン」(細川たかし)
作詞 : Mann kal・Appell David 作曲 : 大瀧詠一 編曲 : 井上鑑
「Let's Ondo Again」では、アミーゴ布谷(=布谷文夫)。チャビー・チェッカーのヒット曲「Let's Twist Again」を音頭調にカバーしたもの。色々な要素が登場する楽しい曲。

こんなのもあります。

「実年行進曲」(クレイジー・キャッツ)
作詞:青島幸男 作曲 編曲:大瀧詠一
1986年にクレイジーキャッツが結成30周年記念ということで、出されたシングル。大瀧氏が、クレージーキャッツの大ファンであるのは有名ですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

 私も同じようにやっておりますが、あしからず。
 この曲は大瀧さんがプロデュースしたのですね。さらに萩原哲晶さん が編曲したとは知りませんでした。萩原哲晶さんは「ホイホイミュージ ックスクール」にレギュラー出演していました。なつかしいお名前で す。

Re: No title

mikitaka08 様

いつもありがとうございます。

>  私も同じようにやっておりますが、あしからず。

楽しみにしています。またおじゃまします。

>  この曲は大瀧さんがプロデュースしたのですね。さらに萩原哲晶さん が編曲したとは知りませんでした。萩原哲晶さんは「ホイホイミュージ ックスクール」にレギュラー出演していました。なつかしいお名前で す。

青島さんが、大瀧さんを萩原哲晶さんの再来と大評価したそうです。本当に洋楽・邦楽問わず幅広い方ですね。
「うなずきマーチ」は、DC5の「ワイルド・ウィークエンド」が近いそうです。(本人気づかず、ほかの方から指摘されたそうです。)
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
5位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR