I See Fire

あけましておめでとうございます。今年も新年にふさわしい荘厳な曲のアカペラ・カバーからスタートしたいと思います。
ph01_convert_20140101220437.jpg

"I See Fire"(Peter Hollens)
映画「ホビット」シリーズ第二弾「竜に奪われた王国」(The Hobbit: The Desolation of Smaug)のエンディング曲。今回は、Ed Sheeranが担当し、映画の世界観にマッチした曲に仕上がっています。ビルボード誌でもPeterのカバーが取り上げられています。こちら

ph03_convert_20140101221224.jpg
この映画は、「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚にあたるストーリーで、ピーター・ジャクソンが「ロード・オブ・ザ・リング」に引き続き監督しています。英米では昨年12月公開、日本では2月公開予定です。



Ed Sheeranのオリジナルなどさらに続きます。
そして映画の方では、こちらのヴァージョン。
ph02_convert_20140101220455.jpg

"I See Fire"(Ed Sheeran)
この弾き語りバージョンも素晴らしいです。映画音楽を担当する才能もあるんですね。

Ed Sheeranのコメント。
ph05_convert_20140101222421.png

映画「ホビット」第1作の音楽からもPeterは、アカペラを製作しています。

"Misty Mountains"「霧ふり山脈」(Peter Hollens)
こちらのアカペラバージョンは、300万回を超える再生回数を記録しました。

ちなみに第一作のエンディング曲は、元Crowed HouseのNeil Finnが担当しました。

"Song Of The Lonely mountain"「はなれ山の歌」(Neil Finn)
映画がニュージーランド・米合作映画ということでの起用のようです。こちらも耳に残る曲です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

HY様
あけましておめでとうございます!

Peter Hollensの"I See Fire"イイすね〜すっかりファンになりました。早速プレイリスト入りです。
Ed Sheeran ver.と並べてみましたが、どっちもイイなー。しかし映画音楽でよくまあEd Sheeranにオファーしたなー、と思うし、受けたEd Sheeranもスゲーですね。

Re: タイトルなし

ikke 様

おめでとうございます。

> Ed Sheeran ver.と並べてみましたが、どっちもイイなー。しかし映画音楽でよくまあEd Sheeranにオファーしたなー、と思うし、受けたEd Sheeranもスゲーですね。

どちらのバージョンもいいですね。Peterのようにパワフルに歌ってもよし、Edのように静かに盛り上げていくパターンもよしで。Ed Sheeranのカラーと合わなそうなのに見事に期待に応えてますよね。オファーした方も受けた方もすごいですね。

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR