Glee Season 5 Ep06: Piano Man

ざっと見ました。Blamがニューヨーク行くだけでニューヨーク盛り上がりますね。早く移動しないと視聴率が持たないかも。ドクター話は、単なるフリですかね。(いやー伏線、最近のライアンにそんな気力無いか)ともかく今週は話の進展があるのでよかった。曲も当然(一部を除き)。
bj101_convert_20131123011039.jpeg
(シングル持ってません)

"Piano Man"「ピアノ・マン」(Billy Joel)
オリジナル・ビデオから。Billy Joelは、ニューヨーク出身。68年頃からバンド活動開始。71年に一度ソロアルバムを出すもヒットせず。当時CBS社長だったClive Davisに認められColumbia Recordsからアルバム"Piano Man"で再デビューしました。プロデューサーは、Michael Stewart。この曲が、Billyの初Billboardチャートイン・シングルとなります。
1974年最高位25位。



さらに続きます。
やはり、Billy Joelは、Blaineですね。


ということで今回は、初期のBilly Joel曲。
全くヒットしなかったソロデビューアルバムですが、こんな名曲も収められています。
bj102_convert_20131123011106.jpeg

"She 's Got Away"「シーズ・ガット・アウェイ」(Billy Joel)
アルバム"Cold Spring Harbor"収録。後に初期曲を集めたライブ盤"Songs In The Attic"に収録されシングルカットされました。
1982年Billboard最高位23位。

bj101_convert_20131123011039.jpeg

"Worse Comes To Worst"「陽気な放浪者」(Billy Joel)
アルバム"Piano Man"からのセカンド・シングル。
1974年Billboard最高位80位。

"Piano Man"に続くアルバム"Street Life Serenade"「ストリート・ライフ・セレナーデ」からは、この曲がヒット。
bj104_convert_20131123020607.jpeg
(ジャケありません。)

"The Entertainer"「エンターテイナー」(Billy Joel)
ビリーのプライベート色が強いこのアルバムのトップを飾る曲。
1975年Billboard最高位34位。

続くアルバム"Turnstiles"「ニューヨーク物語」は、ヒットこそ出ませんでしたが、名曲の宝庫です。
bj103_convert_20131123011131.jpeg

"New York State Of Mind"「ニューヨークの想い」(Billy Joel)
Billy Joel自らプロデュースしたこのアルバム。Gleeにも登場したこの曲が有名ですね。この他、"Songs In The Attic"でライブ盤がヒットした"Say Goodbye To Hollywood"や"Summer, Highland Falls"など。なんで売れんかったんだろう?

たぶん次は、"The Stranger"を特集します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同感です、もう新人以外、全員早くニューヨークに来ちゃえばいい!と思いました(笑)。
そして、ビリー・ジョエルは全曲ブレインに歌ってもらいたかった(笑)。

わたしは洋楽をきくようになったのが遅くて中学生だったんですが、ビリー・ジョエルでした。ずっと好きだったので(でも最近はきいてないでです、そういえば)、gleeで特集してくれてすごくうれしかったです。「The Stranger」よくきいてました。次の記事も楽しみにしています!

Re: No title

なお 様

コメントありがとうございます。

> 同感です、もう新人以外、全員早くニューヨークに来ちゃえばいい!と思いました(笑)。

この組み合わせが、一番しっくりきますね。ファンからは、ニューヨーク・スピンオフをシーズン2の終了後からずっと言われ続けていたのに無視するから、変な形になってしまったんですよね。今更スピンオフとか言われてもなあ。

> そして、ビリー・ジョエルは全曲ブレインに歌ってもらいたかった(笑)。

声質的にも合いますよね。アーティだと声がクリアすぎるし、もっと偏った歌わせ方をしてもいいと思います。最近は平等主義というか、多くの人に少しづつフレーズ歌わせるから曲によっては、聞き苦しくなってきています。"Just The Way You Are"もクレインだけでいいですね。

> 「The Stranger」よくきいてました。次の記事も楽しみにしています!

ありがとうございます。今回は、ビリーの歴史をたどるように続けようかと思ってます。アルバム"An Innocent Man"は、以前に取り上げたのでざっくりカットしていこうかと思ってます。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR