Glee Season 5 Ep02: Hey Jude

Requestでも取り上げましたが、こちらでも行きます。
hj201_convert_20131011001223.jpeg

"Hey Jude"「ヘイ・ジュード」(The Beatles)
カップリングの"Revolution"ともシングルのみのリリース。1970年にコンピレーション・アルバム"Hey Jude"としてアルバム発売されています。後半はこのアルバムの話を
1968年Billboard最高位1位。(9週)



さらに続きます。
Gleeでは、Tinaを励ます場面で登場。

Blaine-Kittyラインで最後まで行って欲しかった・・・

さてこの"Hey Jude"というアルバムですが。
Heyjudealbum.jpg
(Wikiより)
アルバム未収録曲を集めたものでしたが、作りも立派でオリジナルアルバムだと思っていました。
収録曲は、
Side one
"Can't Buy Me Love" – 2:19
"I Should Have Known Better" – 2:39
"Paperback Writer" – 2:14
"Rain" – 2:58
"Lady Madonna" – 2:14
"Revolution" – 3:21

Side two
"Hey Jude" – 7:05
"Old Brown Shoe" (George Harrison) – 3:16
"Don't Let Me Down" – 3:30
"The Ballad of John and Yoko" – 2:55

名曲ぞろいです。この中からまだ紹介していない曲を

"Revolution"「レボリューション」(The Beatles)
今回Tinaの歌で登場し見事に中断してしまう曲ですが、オリジナルは、"Hey Jude"のカップリングとしてヒットしています。
1968年Billboard最高位12位。

gb02_convert_20131005005545.jpeg

"Don't Let Me Down"「ドント・レット・ミー・ダウン」(The Beatles)
"Get Back"のカップリングですが、カバーも多数ある名曲ですね。Gleeに登場してもおかしくない曲です。
1969年Billboard最高位35位。

hj202_convert_20131011001255.jpeg

"The Ballad Of John And Yoko"「ジョンとヨーコのバラード」(The Beatles)
ジョン作品ですが、レコーディングは、ジョンとポールの二人だけで行ったそうです。当時不仲と言われていましたが、仕事に関しては、違いますね。
1969年Billboard最高位8位。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
5位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR