Glee Request: 50th Aniversally of Four Seasons (2)

Beatlesのアメリカ上陸で、チャート上位に行きにくくなった中で、再びBillboard Topに返り咲いたのがこの曲でした。
fs201_convert_20121222225831.jpeg

"Rag Doll"「悲しきラグ・ドール」(The Four Seasons)
プロデューサーのBob CreweとBob Gaudioの共作。Beach Boysの"I Get Around"から首位を奪い、Beatlesの"A Hard Days Night"に首位を奪われるというすごい時代です。
1964年Billboard最高位1位。(2週)



さらに続きます。
ここからは、カバーソングも交えて紹介していこうかと思います。

翌1965年にBillboard最高位12位まで上がったこの曲は、この人たちによりイギリスで爆発的ヒットを記録しました。
fs202_convert_20121222225906.jpeg

"Bye Bye Baby"「バイ・バイ・ベイビー」(Bay City Rollers)
イギリス、スコットランド、エジンバラ出身。
タータンチェックをトレードマークにアイドルとして大ブレイク。
1975年全英チャートで7週連続一位の記録を達成。
日本でも大ヒットしました。

1965年には、この曲もヒット。
mem05_convert_20140513015406.jpeg

"Let's Hang on"「レッツ・ハング・オン」(The Four seasons)
1965年Billboard最高位3位。

この曲は、この人がカバー。
50th05_convert_20131228170341.jpeg

"Let's Hang On"「レッツ・ハング・オン」(Barry Manillow)
フォーシーズンズを意識した作りになっています。
1982年bilboard最高位32位。

翌1966年Billboard最高位9位のこの曲は、黒人グループがカバー。
fs203_convert_20121222225938.jpeg

"Workin' My way Back To You"「ワーキング」(The Spinners)
フィリー・ソウルの代表的グループ。
1980年Billboard最高位2位。

1966年でオリジナルメンバーのNick Massi(Bass)がグループを去り、次第にグループに暗雲が立ち込めます。そんな中ヒットしたのは、
fs204_convert_20121222230006.jpeg

"C'mon Marianne"「カモン・マリアンヌ」(The Four seasons)
Nick Massiに変わって、Joe Longが加入、時を同じくしてFrankieは、ソロ活動も開始します。
1967年Billboard最高位9位。

次回は、フランキーのソロ活動から行きます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

B面をつい先日カーラジオでききました。トレメローズの『サイレンス イズ~』もいいのですが、4シーズンズ良かった。選曲眼がいいですね。

Re: No title

ミキタカ08 様

コメントありがとうございます。

> トレメローズの『サイレンス イズ~』もいいのですが、4シーズンズ良かった。
ここは、触れないといけなかったですね。ご指摘ありがとうございます。Rag DollB面曲、"Silence Is Golden"は、トレメローズがカバーして全英No.1にしていますね。CMでも使われているのにうっかりしてました。
フォーシーズンズは、こんなに名曲ばかり出しているとは、今更ながら驚かさせられます。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR