クリスマス・エピソードと最後の一人

いよいよ年内最終エピソードですね。話題のこの曲とSneak Peek。

"White Christmas"「ホワイト・クリスマス」(Glee Cast)
ビング・クロスビーのバージョンが有名ですが、これはMichael Bubleのヴァージョンのアレンジを使っているそうです。

そしてこちらで撮影風景を公開。カウンターがすごいことに


このあとWarblersの最後の一人とその他情報を



さらに続きます。
まず"White Christmas"のオリジナルは、Bing Crosbyによって1941年に初めて歌われ、翌年にレコードになったそうです。

1940年代には、チャート首位をとったそうですが、うちにある資料は、1955年以降のものしかありません。クリスマス曲は、チャートに入れないルールのあった時期もあり、評価しづらいのですが、1955年に7位を記録したようです。

今回の曲は、こちらのアレンジを採用したようです。

"White Christmas"(Michael Buble featuring Kelly Rawland,Naturally 7)
Warblersも入れてあげればよかったのに・・・・・やっぱり邪魔ですかね。

そしてEpisode 11の予定曲に"Glee Request"で取り上げた曲"I Only Have Eyes For you"が上がってきました。(こちらで紹介)
Flamingosのバージョンも有名です。

"I Only Have Eyes For You"「瞳は君ゆえに」(The Flamingos)
やはりアート・ガーファンクルのバージョンがいいですね。
1959年Billboard最高位11位。

そしてKurtのLove Interestとして登場するAdamがNYADAのGlee Clubのリーダーだそうです。グループ名もあるようなので、正式な古風なグリークラブではないようで、アカペラのグループだと"Pitch Perfect"な感じで面白いと思います。

最後に難渋していたメンバーの一人
nwab001.jpg
Jarrod Paulson

やはりLA在住のDancerの方です。
nwab002_convert_20121209230231.jpg


Coupleでのダンスシーンです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR