Gordon Lightfoot (3) エドモンド・フィッツジェラルド号の難破 The Wreck Of The Edmund Fitzgerald

一転、変わったネタですいませんこの時期にやっておきたかった曲です。

Gordon Lightfootの魅力は、叙事詩的な曲の多いことです。(これを除けば単に飲んだくれシンガーソングライターですので・・・) この分野の作詞能力に関しては、ボブ・ディランに負けないものがあると思っています。カナダの吟遊詩人の彼が、1975年11月に五大湖で沈没した実在の鉱石運搬船「エドモンド・フィッツジェラルド号」の事件を歌い、多くの人の支持を得ました。。1976年グラミー賞作品賞にノミネートされています。
ef01_convert_20121128015814.jpeg

"The Wreck Of The Edmund Fitzgerald"
「エドモンド・フィッツジェラルド号の難破」(Gordon Lightfoot)
アルバム"Summertime Dream"からのカット。
日本ではシングルカットなし。
1976年Billboard最高位2位。



和訳等さらに続きます。
<歌詞和訳>
伝説は、Chippewa族の時代から生き続けている
五大湖がGitche Gumeeと呼ばれていた時代から
11月の空が掻き曇るとき、
湖は犠牲者を求めると言う
エドモンド・フィッツジェラルド号は、
2万6千トンを超える鉱石を積んでいた。
良き船とクルーは、11月の嵐に
粉々にされたのだ

この船は、アメリカの誇り
ウイスコンシンの幾つかの採石場からの帰りだった
最大級な貨物船は、経験豊富なクルーと良き船長と航行していた
2社の企業と雇用契約を結んで
鉱石を満タンに積み込んで
クリーブランドに向け出発した。
船の出航ベルが鳴ったのは、その夜遅く
その時彼らは、北風を感じることができたのだろうか

ワイヤーに吹く風は、告げ口屋のようにわめき
波は、手すりを越えてくる
キャプテンと同じことを皆考えたろう
「11月の魔女が忍び寄ってきている」と
夜明けが遅れてやってきて、朝食も待たされた
11月の嵐がはっきりと正体を現した
午後には、冷たい雨が降り出して
ハリケーンのような西風が吹き始めた

夕食時、年老いたコックがデッキにやってきて言った
「みんな、夕食を出すにはあまりに荒れている」
午後7時には、メインハッチが陥没した
彼はこう言った「みんな、あんたらと知り合えてよかったよ」
船長は、浸水が始まり、
船とクルーが危機に陥ったことを無線で知らせた
そして夜遅く船の明かりが見えなくなり
Edmund Fitzgerald号は、沈没した

大波が時間単位で押し寄せたとき
神の愛はどこへ行ったのだろうと誰が思うだろう
捜索隊は皆、せめてWhitefish Bayまでたどり着けばと言う
わずか15マイル先だった
船は二つに割れたのか、それとも転覆したのか
破壊され、水の底に沈んだ
残されたものは、妻や息子や娘の顔と名前だけ

ヒューロン湖は舞い、スーペリオール湖は歌う
彼女の氷の城の中で
古いミシガンの小川は、若者の夢が好き
島々や入り江は、スポーツマンのために
オンタリオ湖の奥深く
エリー湖が送ったものが取り込まれている
11月の嵐と共に鉄の船が逝ったことは
水夫なら皆知っているし、記憶している

デトロイトの海員水夫教会の古びたホールで
彼らは祈った
教会のベルは、29回鳴らされた
Edmund Fitzgerald号の乗組員一人一人のために
伝説は、Chippewa族の時代から生き続けている
五大湖がGitche Gumeeと呼ばれていた時代から
11月の空が掻き曇るとき、
湖は犠牲者を求めると言う

(訳HY)
長くて難しいです。Chippewaは、五大湖周辺に居住していたAmerican Nativeです。後に海底から船のベルが回収されたそうです。

こちらに英詩があります


ドキュメントバージョンです


あちらでは、有名な海難事故のようで、Youtubeでも多数の映像が出ています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR