Glee Request: Sad Songs(Say so Much) (サッド・ソングス)

さて、今回はトリビュート・エピソードの噂も出てきたElton Johnの曲から。
Break-upした人に贈るバニー・トーピンとエルトンの傑作バラード。
ss01_convert_20121103222152.jpeg

"Sad Songs (Say So Much)"「サッド・ソングス」(Elton john)
80年代のBernie Taupin - Elton Johnコンビの名曲。
アルバム"Breaking Hearts"からのファーストシングル。
1984年Billboard最高位5位。



さらに続きます。
(歌詞和訳)
想像してごらん、ささいなことを皆で分かち合う時を
思い出を引きずりながら、荒れた道を平らにするのは、一番難しいことさ
こんな時こそラジオでも聞いて
陰気な歌手の口から歌われる、みんな知ってる苦しみを人々で分かち合うのさ

*ラジオをつけて、ラジオをつけて
この悲しい歌たちを流すのさ
すべての希望をなくしたら
ラジオをつけて、曲を流すのさ
悲しい歌たちが部屋にやってくる
wow oh wowそうすれば、優しい感触を感じることができるのさ
すべての希望をなくしたとき、悲しい歌たちは、多くを語るのさ

書き綴ることができるほどつらい目にあったとき
その言葉ひとつひとつに意味があるのさ
こんな悲しい歌に囲まれて
つらい気分が楽になってくるよ
苦しみは、ブルースを奏でるよ

*繰り返し

悲しい歌は多くを語るよ
悲しい歌は多くを語るよ
悲しい歌は多くを語るよ
悲しい歌は多くを語るよ
悲しい歌は多くを語るよ
だから悲しい歌をかけて
だから悲しい歌をかけて

*繰り返し

希望が少しずつ失われるたびに
悲しい歌は多くを語るのさ

(HY訳)

バニーの詞は深いです。逆説的な応援歌ですね。

このアルバムからは、
ej1000_convert_20160210012816.jpg

"Who Wears These Shoes ?"「あの娘のシューズ」(Elton John)
「君の窓に二つの影、君を困らせたりしない。でもその靴は誰が履くの?」というBlaine Finn向けの曲。
"Breaking Hearts"からのセカンドシングル(US)(UKでは、サードシングル)
1984年Billboard最高位16位。

実は、英国でのセカンドシングルの方のビデオが有名です。

"Passengers"「パッセンジャーズ」(Elton John)
Elton John, Bernie Taupin, Davey Johnstone, Phineas McHize4人の共作。エンドレスなホラー・コメディのような作品です。Ukチャートでは、最高位5位を記録。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR