FC2ブログ

Simon & Garfunkel ⑥ The Boxer 「ボクサー」

1969年、最後のオリジナル・アルバム"Bridge over Troubled Water"「明日に架ける橋」(1970年リリース)の先行シングルが登場。Top10ヒットになりました。
SG601_convert_20201027005126.jpg
SG602_convert_20201027005145.jpg

"The Boxer"「ボクサー」(Simon & Garfunkel)
Paul Simon作品。下のジャケットは当時導入された4chステレオ用EP。アルバム発売まで時間があったため、ほとんど単独シングルとして順調にチャートを駆け上がりました。
1969年Billboard最高位7位。

次回、歴史的名曲アルバム・タイトルチューンが登場。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

RWが洋楽に嵌ったのは半世紀前の1970年、ちょうどS&Gが全盛期で頑張っておりビートルズが解散した年でした。多感な中1時代に出会った本名盤とS&Gグレーテストヒット(SONY限定赤盤)がわが青春時代の洋楽事始めです。1970名盤は商業的成功を意識した作品づくりになっており、全体にポール・サイモン主導作品で、ガーファンクルの影は完全に薄い印象です。当時ガーファンクルは映画撮影に没頭しており、サイモンにとっては実に歯がゆかったことでしょうし、ガーファンクルの方も決してアルバム制作を疎かにした意識はないのに活躍の場が与えられなかったことで相互不信が芽生えたものと思われます。

Re: No title

ローリングウエスト 様

コメントありがとうございます。

>相互不信が芽生えたものと思われます。

出す曲出す曲大ヒットして音楽的に昇りつめるのに反比例して、二人の間にすきま風が吹くようになって解散へ進んでいったのは残念でした。その後も再結成に動くと破局したり、二人の距離は埋まりませんでした。でも、このラストアルバムを上回る作品が考えられず、潮時だったのかもしれませんね。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR