FC2ブログ

James Taylor ④ Don't Let Me Be Lonely Tonight (寂しい夜)

大ヒットした前作から1年7ヵ月。リリースされた4th アルバム"One Man Dog"「ワン・マン・ドッグ」からのファースト・シングルは、この曲でした。
jt401_convert_20190511005903.jpg

"Don't Let Me Be lonely Tonight"「寂しい夜」(James Taylor)
James Taylor作品で隠れた名曲です。アルバムは、Billboard最高位4位を記録しています。
1973年Billboard最高位14位。



さらに続きます。
このアルバムからのセカンドシングルは、日本未発売(たぶん・・・)

"One Man Parade"「ワン・マン・パレード」(James Taylor)
アルバムのオープニングを飾る曲。James Taylor作品。
1973年Billboard最高位67位。

1974年にリリースされた5thアルバム"Walking Man"「ウォーキング・マン」からはHot100に入るシングルヒットは出ませんでした。日本で出た唯一のシングルはこちら。
jt402_convert_20190511005918.jpg

"Let It All Fall Down"「フォール・ダウン」(James Taylor)
James Taylor作品。米国ではカップリングの"Daddy's Baby"「ダディーズ・ベイビー」がA面でした。
1974年Billboardチャートインせず。

一方で1972年に結婚したCarly Simonとのデュエットがヒットするなど安定した人気を維持していました。次回は久々のTop10ヒット。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

米国若者の反体制過熱ぶりも下火となりヒッピー文化も終焉・・、ロック音楽も志向が変化していく分水嶺の時期に登場したした「シンガー・ソングライター」ブーム。ウッドストックでピークを迎えた熱過ぎる文化・音楽・暴力的エネルギーに対してすっかり疲れて果てて若者達はジェームステイラーによって心の拠り所を見つけたような気がします。「寂しい夜」(1972)はフォークでカントリーっぽかったジェームスが一転、AORっぽく都会派の部分も感じさせてくれた曲でしたね。
(PS)美しきメロディを奏でていた1960年代ビージーズを公開しました。

Re: No title

ローリングウエスト 様

いつもありがとうございます。

>「寂しい夜」(1972)はフォークでカントリーっぽかったジェームスが一転、AORっぽく都会派の部分も感じさせてくれた曲でしたね。

ジャズぽさもさらに加わてきましたね。アート・ガーファンクルもこんな感じになっていきました。


> (PS)美しきメロディを奏でていた1960年代ビージーズを公開しました。

また伺います。

No title

「寂しい夜」大好きな曲です。
全面JTのアコースティックとダニー・コーチマーのエレキギターが掛け合いを続ける中のあの歌声。
そこへもってきてのサックス・ソロとよくまあこんな曲が出来上がったものだと思います。
JTを聴いていると音楽っていいなと素直に思えます

Re: No title

面白半分 様

コメントありがとうございます。

> 全面JTのアコースティックとダニー・コーチマーのエレキギターが掛け合いを続ける中のあの歌声。

静かに始まり、次第にヴォーカルが表に出てきて盛り上がりますよね。

> そこへもってきてのサックス・ソロ

ジャズぽいというか、AORを先駆けていたというか、艶っぽくなります。

> JTを聴いていると音楽っていいなと素直に思えます

声の魅力が大きいですね。アート・ガーファンクルとかこの時期の人たちはいいなあ
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR