FC2ブログ

James Taylor ① Carolina In My Mind (思い出のキャロライナ)

今回からJames Taylorを取り上げます。この人もずっと第一線で活躍していますね。
1948年マサチューセッツ州ボストン生まれ、ノースキャロライナ州チャペルヒルで幼少期を過ごします。1966年ごろから音楽活動を開始、幸運にも英国でBeatlesのレーベルApple Recordsからメジャー・デビューします。デビュー曲では、Paul McCartneyがベースで参加しています。
jt101_convert_20190331012855.jpg

"Carolina In My Mind"「思い出のキャロライナ」(James Taylor)
James Taylor作品。デビュー・アルバム"James Taylor"「心の旅路」からのシングル・カット。Peter and GordonのPeter Asherがアルバム・プロデュースを手掛けています。
1969年Billboard最高位118位。
(1970年に再リリース、最高位67位を記録しています。)



さらに続きます。
日本では、James Taylorがブレイク後にリリースされましたが、メジャーデビュー前のグループの曲。デビュー・アルバムにもソロ・バージョンとして収録。
jt102_convert_20190331012910.jpg

"Knocking 'Round The Zoo"「ノッキング・ラウンド・ザ・ズー」
(James Taylor & Original Flying Machine)

1967年リリース。日本盤は、1971年リリース。

デビューアルバムでのバージョン。

"Knocking 'Round The Zoo"「ノッキング・ラウンド・ザ・ズー」(James Taylor)
ストリング・アレンジが施されています。

セールス的にもいまいちだったデビューアルバム。さらに、交通事故や薬物問題でレーベル解雇され、米国に帰国することになります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

反戦・反体制・麻薬への倦怠感・無力感、ウッドストックでピークを迎えた熱過ぎる文化・音楽・暴力的エネルギーに対して若者達はすっかり疲れて果ててしまい、1970年になると心の拠り所的な音楽ジャンル「シンガー・ソングライター」に癒しを求めるようになりましたね。1971年の名曲「君の友だち」(You've Got A Friend)しかありません。優しさと包容力に溢れ「Close Your Eyes~♪」と暖かく包み込むように歌う誰からも愛される友情の歌です。老いたジェームス・テイラーとキャロル・キングがデュエットした弾き語り光景は仲睦まじきオシドリ老夫婦の如し・・。

Re: No title

ローリングウエスト 様

いつもありがとうございます。

>1970年になると心の拠り所的な音楽ジャンル「シンガー・ソングライター」に癒しを求めるようになりましたね。

70年代は、たくさんのシンガー・ソングラーターが出てきました。大ヒット曲もたくさんありますね。

>老いたジェームス・テイラーとキャロル・キングがデュエットした弾き語り光景は仲睦まじきオシドリ老夫婦の如し・・。

二人でツアーをやるとは当時は思いもつきませんでした。2010年は、来日公演もありましたね。また来ないかな。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR