Glenn Frey ① "I Found Somebody" 「サムバディ」

Glennが亡くなって早二年。強烈なDonの歌声に隠れがちでしたが、彼の歌声のすごさにいまさらのように気づきます。
さて今回は、Donのデビュー・アルバムとほぼ同時期に出たGlennのファーストアルバム"No Fun Aloud"「ノー・ファン・アラウド」から。
gf101_convert_20180105010932.jpg

"I Found Somebody"「サムバディ」(Glenn Frey)
ファースト・シングルは、Glennらしいゆったりとしたロック・ナンバー。 Glenn FreyとJack Tempchinの共作。セールス的にはもう一つでした。
1982年Billboard最高位31位。



さらに続きます。
Donと同じでセカンドシングルのほうが売れました。日本ではサード・シングルとのカップリング。
gf102_convert_20180105010947.jpg

"The One You Love"「恋人」(Glenn Frey)
ラブ・バラードの名曲、艶っぽい仕上がりになっています。同じくGlenn FreyとJack Tempchinの共作。ファーストシングルを上回るヒットになっています。アダルト・コンテンポラリー・チャートでは、2位を記録しています。
1982年Billboard最高位15位。

サード・シングル。

"All Those Lies"「オール・ゾーズ・ライズ」(Glenn Frey)
Eaglesの曲としてもいいような曲。Glenn Frey作品。Top40にあと一歩でした。
1983年Billboard最高位41位。

シングル化はされませんでしたが、Billboardのメイン・チャートで5位を記録したロック・ナンバー。

"Party Town"「パーティ・タウン」(Glenn Frey)
"Heat Is On"に連なるノリノリのロック・ナンバーです。コンサートでも人気曲に。

名曲ぞろいのファースト・アルバムでしたが、セールス的にはBillboard最高位32位ともうひとつ、次回は、セカンドアルバムから。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
14位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR