追悼 : Glen Campbell

歌手兼俳優のGlen Campbellが8月8日にナッシュビルでお亡くなりになりました。かねてからアルツハイマー病で闘病中で81歳でした。ご冥福をお祈りいたします。 ソース日本では、コカ・コーラのCMソング"Coming Home"のヒットでも有名ですね。個人的の好きな曲のこの曲から紹介します。
gc01_convert_20170810090847.jpg

"Country Boy"「カントリー・ボーイ」(Glen Campbell)
アルバム"Rhinestone Cowboy"からのセカンド・シングル。ヒットメイカーDennis LambertとBrian Potterの作品。
1976年Billboard最高位11位。



さらに続きます。
1950年代から音楽活動を行ってきた彼は、60年代はスタジオ・ミュージシャンとして活躍、Beach Boysのツアーに参加したこともあります。彼個人としてブレイクしたのが、1967年の"By the Time I Get to Phoenix"「恋はフェニックス」がBillboard最高位26位を記録してからでした。"Wichita Lineman""Galveston"などTop10ヒットが続き、初めての全米No.1ヒットがこの曲。
gc02_convert_20170810090900.jpg

"Rhinestone Cowboy"「ラインストーン・カウボーイ」(Glen Campbell)
日本で"Coming Home"がヒットしたころに全米No.1を記録しました。Larry Weiss作品。
1975年Bilboard最高位1位。 (2週)

1977年にもNo.1ヒットが生まれます。
gc03_convert_20170810090914.jpg

"Southern Nights"「哀愁の南」(Glenn Campbell)
Allen Toussaint作品。
1977年Billboard最高位1位。

最後に2002年のライブ映像から
gc04_convert_20170810090930.jpg

"Try A Little Kindness"「トライ・ア・リトル・カインドネス」(Glenn Campbell)
Curt SapaughとBobby Austinの共作。
1969年Billboard最高位23位。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR