追悼 : Gregg Allman

5月27日、The Allman Brothers BandのフロントマンGregg Allmanが、長年患っていた肝炎・肝腫瘍によりジョージア州の自宅で死去。69歳でした。
abb03_convert_20170610164057.jpg

"Whipping Post"「ウィッピング・ポスト」(The Allman Brothers Band)
ヒット曲は、Dicky Betts作品のため、この曲から。1971年の伝説のフィルモア・イーストでのライブ・バージョン。(この頃は、まだ兄のDuanも健在でこのアルバムリリース後にバイク事故で亡くなっています。)Greg Allman作品で彼のリード・ボーカル。オリジナルは、1969年のデビューアルバム"the Allman Brothers"収録です。彼のヴォーカルも魅力的です。

さらに続きます。
シングルでのヒットは、
abb02_convert_20170610164135.jpg

"Ramblin Man"「ランブリン・マン」(The Allman Brothers)
1973年のアルバム"Brothers And Sisters"「ブラザース&シスターズ」からのシングルカット。彼らの最大のヒットシングル。Dickey Betts作品で彼のリード・ヴォーカル。
1973年Billboard最高位2位。

この曲もBGMなどでよく使われるインスト曲。
abb01_convert_20170610164116.jpg

"Jessica"「ジェシカ」(The Allman Brothers Band)
"Brothers And Sisters"「ブラザース&シスターズ」からのセカンド・シングル。Dickey Betts作品。
1974年Billboard最高位65位。

abb04_convert_20170610170517.jpg

"Crazy Love"「クレイジー・ラブ」(Yhe Allman Brothers Band)
アルバム"Enlightened Rogues"「いま、再び・・・」からのシングルカット。Dickey Betts作品。
1979年Billboard最高位29位。

最後にGregのヴォーカル曲。

"Midnight Rider"「ミッドナイト・ライダー」(The Allman Brothers Band)
セカンドアルバム"Idlewild South"収録曲。Gregg AllmanとRobert K.Payneの共作。

家族に看取られて安らかな死だったようです。ご冥福をお祈りします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どちらかとゆうとDickey Bettsの作品の方が
好きでした。Brothers And Sistersがオールマン
のアルバムの中で1番聴きこんでますね。

Re: No title

ララキラリ父さん 様

いつもありがとうございます。

> どちらかとゆうとDickey Bettsの作品の方が好きでした。

サザンロックらしい曲を書きますよね。Greggは、ブルースっぽい曲が多くて路線は違うようですが、この二人のコンビネーションはいいですね、ずっと活動を共にしてきてます。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR