この一枚 (89) Bittersweet Samba (ビタースィート・サンバ)

ラジオ番組のテーマ曲となり日本のみでシングル発売。深夜放送ファンには、耳にこびりついた曲です。
bs01_convert_20170530144304.jpg

"Bittersweet Samba"「ビタースィート・サンバ」(Herb Alpert & The Tijuana Brass)
1965年発売の4thアルバム"Whipped Cream & Other Delights"収録曲でしたが、1967年スタートの深夜ラジオ番組「オールナイト・ニッポン」のテーマ曲に採用、1969年にシングルカットされました。Sol Lakeの作品。

さらに続きます。
シングルジャケット裏面には、1969年当時のDJのコメント。当時は、皆ニッポン放送アナウンサーでした。
bs03_convert_20170530152852.jpg
bs04_convert_20170530152948.jpg

オールナイト・ニッポンのレジェンドと言えば糸井吾郎ですね。オープニングトークを発見。

0:15ごろから。アメリカのDJスタイルを導入した軽快なしゃべりでした。

番組のDJの変遷を伝える動画


実は、オープニングは当初B面の"Lollipops And Roses"が候補になりましたが、高崎一郎氏の決断でこの曲になったとか。ちなみにB面曲は・・・

"Lollipops And Roses"「あめんぼうとバラ」(Herb Alpert & The Tijuana Brass)
1962年のJack Jonesのヒット曲。Tony Velona作品。

再発時のシングルジャケ。
bs02_convert_20170530144317.jpg
カップリングは、日本でヒットした"Maletse Melody"「マルタ島の砂」(あとで紹介予定)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私が聴いてたオールナイトニッポンはクラプトンの曲がエンディングに流れてました。(DJはジョニデとビールCMで共演するFくん)
なのでハーブのこの曲が使われてるオールナイトニッポンは聴いた事がなくて、でも曲聴くとなぜか「ラジオの曲だ」って分かった不思議。

ラジオのアンテナを必死に合わせたり、自分の名前がラジオから呼ばれた日には真夜中なのにキャーキャー言ったり、曲を聴くだけで瞬時にその頃に戻れるので音楽っていいですね。

No title

こんにちは 初コメします!

ワ~懐かしい!
正直私はラジオと言うか・・・深夜放送は聴いた事は無かったかナ?
でも兄は大好きで、毎晩聴いていました
また学校でも「オールナイト日本」の話で男の子達は大騒ぎでした
この曲を聴くとあの頃をお思い出します。
物凄い人気でしたものね。
有難うございました。  m(__)m

Re: No title

Layla 様

いつもありがとうございます。

> 私が聴いてたオールナイトニッポンはクラプトンの曲がエンディングに流れてました。

DJによって扱いが色々だったようですね。違う演奏者の曲が使われた時期もあったようです。2000年以降はBittersweet Sambaが使われないことが多かったそうです。

> でも曲聴くとなぜか「ラジオの曲だ」って分かった不思議。

インパクトがありますから、深夜放送に関することを紹介する番組などBGMで必ず出てくるような気がします。

> ラジオのアンテナを必死に合わせたり、自分の名前がラジオから呼ばれた日には真夜中なのにキャーキャー言ったり、曲を聴くだけで瞬時にその頃に戻れるので音楽っていいですね。

地方だと日によって電波状態が違ってほとんど聞きとれない時もあって、スリリングでした。

Re: No title

星空 様

初コメありがとうございます。


> 正直私はラジオと言うか・・・深夜放送は聴いた事は無かったかナ?
> でも兄は大好きで、毎晩聴いていました

お兄様は、オールナイト派だったんですね。自分は、日によってセイヤングやパックインミュージックに浮気してました。(笑)

> また学校でも「オールナイト日本」の話で男の子達は大騒ぎでした

DJが雑誌やTVでもてはやされて有名になった人もいますね。声と顔にギャップのある人も・・・・覆面DJとかもありました。後輩が中島みゆきの番組ファンで最終日に出待ちに行った話を聞いたことがあります。手紙をよく読まれていたためハンドル・ネームを覚えていてくれたそうです。


No title

ビタースウィート・サンバ」は我々世代ならば誰でも知っている深夜ラジオ番組「オールナイト・ニッポン」(1967~・ニッポン放送)のオープニングテーマ曲です。受験勉強でインスタントラーメンをすすりながら、深夜1時に「チャラッチャ、チャッチャララ、チャッチャチャ~」というトランペットのメロディが流れてくると「今日はどんな新曲や話題ネタが仕入れられるのだろう・・」と、毎晩楽しみにラジオチューニングしていたものです。個性あふれるパーソナリティが登場して諸々の情報を提供してくれたラジオ番組は、セイヤング(文化放送)やパックインミュージック(TBSラジオ)と並び若者文化発信の3大プラットフォームでした。その懐かしき青春時代の番組BGMを演奏していたのが「ライズ」のハープアルバートだったのか~・・、お恥ずかしながら50才後半にしてようやく再認識した次第です。

Re: No title

ローリングウエスト 様

いつもありがとうございます。

> 深夜1時に「チャラッチャ、チャッチャララ、チャッチャチャ~」というトランペットのメロディが流れてくると「今日はどんな新曲や話題ネタが仕入れられるのだろう・・」と、毎晩楽しみにラジオチューニングしていたものです。

新曲情報や曲のランキングとか楽しみでした。番組の人気コーナーは翌日学校で話題になってました。不覚にも寝てしまったときは、話題についていけず残念な思いをしてました。



>セイヤング(文化放送)やパックインミュージック(TBSラジオ)と並び若者文化発信の3大プラットフォームでした。

お気に入りのDJのはしごをするのが常でした。愛川欽也・ナチチャコ・谷村新司・せんみつ・カメアンコウ・小島一慶・・・いろいろいましたね。

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR