この一枚 (81) Seasons In The Sun (そよ風のバラード)

春向きの爽やかな曲に見えて、実はトラウマになりそうな厳しい歌詞。しかし、ワールドワイドで大ヒットした名曲です。
sits01_convert_20170425012108.jpg

"Seasons In The Sun"「そよ風のバラード」(Terry Jacks)
オリジナルは、1961年のベルギー歌手Jacques Brelの"Le Moribond (The Dying Man)"。それを米国の詩人&歌手Rod McKuenが英語詞に訳し、カナダ人歌手Terry Jacksが世界的ヒットにしました。Terry Jacks Versionでは、歌詞を若干変えています。同名のアルバム"season In The Sun"収録。米国以外にも英国・ヨーロッパ諸国・オセアニアで軒並み1位を獲得しています。
1974年Billboard最高位1位。 (3週)



さらに続きます。
(歌詞和訳)

さよなら君、信頼できる友
9歳から10歳の頃からの知り合い
一緒に丘に登り、木に登ったね
恋もABCも一緒に学んで
心も傷つき、膝も擦りむいたっけ

さよなら友よ、死ぬのはつらい
鳥たちは空に歌い
春の空気に満ち溢れている
可愛い子たちがあちこちにいる
僕のことを思い出してくれたら、僕もそこにいるよ

僕らは愉快だったし、楽しかった
僕らは太陽の季節にいたんだ
でも、僕らが昇った丘は
時間切れの季節

さよならパパ、祈ってね
僕は、家族の厄介者
僕のあやまちを正そうとしてくれた
たくさんのワインとたくさんの歌
僕は何をしてたんだろう

さよならパパ、死ぬことはつらい


僕らは愉快だったし、楽しかった
僕らは太陽の季節にいたんだ
鳥たちは空に歌い
春の空気に満ち溢れている
小さな子供たちがあちこちにいる
彼らを眺めてくれたら、僕もそこにいるよ

僕らは愉快だったし、楽しかった
僕らは太陽の季節にいたんだ
でも、ワインも歌も
季節と共に去っていった

さよならミシェル、愛するわが娘
愛をくれて、一緒に太陽を探してくれたね
僕が落ちこんだ時には
そばにいて、励ましてくれたんだ

さよならミシェル、死ぬことはつらい
鳥たちは空に歌い
春の空気に満ち溢れている
花は咲き乱れている
もしそこに君といれたら・・・

僕らは愉快だったし、楽しかった
僕らは太陽の季節にいたんだ
僕らがつかんだ星は
浜辺のヒトデだったのか・・・

(コーラス繰り返し)

(HY訳)

春なのに・・・・つらい歌です。

このヒットでRod McKuenのヴァージョンも再リリース。
ac503_convert_20170503012441.jpg

"Seasons In The Sun"「そよ風のバラード」(Rod McKuen)
オリジナルに近いシャンソンぽい歌い方です。この他、競作版としてBobby Wrightのバージョンがあります。

Terry Jacksは、ほぼ一発屋でしたが、Mac Davisでヒットしたこの曲も歌ってます。
(日本未発売・・たぶん)

"Rock 'n' Roll (I Gave My Best Years Of My life)"「想い出のロックンロール」(Terry Jacks)
オーストラリアの歌手Kevin Johnsonの作品。Mac Davisと競作になりましたがMac Davis Versionの方がヒットしました。
1974年Billboard最高位97位。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR