Yes ④ Love Will Find A Way (ラブ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ)

1985年のライブアルバムを挟んで1987年に新アルバム"Big Generator"が登場。そこからのファーストシングル。
yes401_convert_20170306012944.jpg

"Love Will Find A Way"「ラブ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ」(Yes)
Trevor Rabin作品。売れ線ロックサウンドがますます推し進められていきます。しかし、新旧メンバーの軋轢が生まれて行きます。
1987年Billboard最高位30位。



さらに続きます。
続くシングル。
yes402_convert_20170306013002.jpg

"Rhythm Of Love"「リズム・オブ・ラブ」(Yes)
Jon Anderson,Tony Kaye,Trevor Rabin,Chris Squire4人の共作。1988年には、二度目の来日公演がありました。
1988年Billboard最高位40位。

しかし、このツアーの後、Johm Anderson二度目のグループ脱退。旧イエスメンバーらとAnderson Bruford Wakeman Howeを結成しました。このため二つのYesが出現、混乱を招いてしまいます。しかしその後和解、なんと二つのグループが合体して新生Yesが誕生します。アルバム"Union"「結晶」からのシングル・カット。
yes403_convert_20170306013018.jpg

"Lift Me Up"「リフト・ミー・アップ」(Yes)
グループが合体して8人組となった新生Yes。ワールド・ツアーも好評でした。 Trevor Rabin, Chris Squireの共作のこの曲がBillboard Hot100最後のチャートインヒットになりました。
1991年Billboard最高位86位。

グループはその後メンバーチェンジを繰り返し、初期メンバー中心になりつつあったが、2015年のChris Squireの死でバンド危機を迎えますが、グループは継続。2016年にも来日公演を行っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR