追悼:George Michael ④ Don't Let The Sun Go Down On Me (僕の瞳に小さな太陽)

セカンド・ソロ・アルバムの微妙なセールスのせいで次回作"Listen Without Prejudice Vol.2"がお蔵入りとなりますが、他のアーティストとの共演やオムニバス・アルバムに参加など音楽活動は続いていきます。
gm401_convert_20170128013216.jpg

"Don't Let The Sun Go Down On Me"「僕の瞳に小さな太陽」
(George Michael & Elton John)

Elton JohnとBernie Taupinの作品で1974年のElton Johnのヒット曲をデュエット。(オリジナルは、Billboard最高位2位。)Elton Johnのアルバム"Duets"に収録。1991年11月英国リリースで、No.1を獲得。12月に米国でリリースし、翌年にこちらも一位を獲得。
1992年Billboard最高位1位。



さらに続きます。
1992年のエイズ・チャリティアルバムには、新曲を提供。"Listen Without Prejudice Vol.2"に収録予定曲だったようです。
gm402_convert_20170128013231.jpg

"Too Funky"「トゥー・ファンキー」(George Michael)
オムニバス・アルバム"Red Hot + Dance"からのシングルカット。このアルバムには、Georgeは3曲も提供しています。George Michael作品。UKチャート最高位4位。このシングルのみ収録の"Crazyman Dance"はアルバム未収録曲。
1992年Billboard最高位10位。

翌年には、Queenのメンバー3人らとミニ・ライヴ・アルバムを発表。
queen1504_convert_20170118011140.jpg

"Somebody To Love"「愛にすべてを」(George Michael & Queen)
1992年のFreddie Mercury Tribute Concertからの曲。5曲を収録したミニアルバム"Five Live EP"からのシングル。UKチャートでは、1位を獲得。
1993年Billboard最高位30位。

米国では、セカンドシングルとして発表。

"Killer/Papa Was A Rolling Stone"(George Michael)
AdamskiとSealの共作"Killer"とTemptationsの名曲"Papa Was A Rolling Stone"のマッシュアップ。こちらは、1991年3月20日に行われたウェンブリー・スタジアムのライヴから。
1993年Billboard最高位69位。

すでにこの頃には、レコード会社との関係は最悪の状態で1990年には契約無効を訴える訴訟を開始、コンサート活動も1991年のCover to Cover Tour以降やらなくなってしまいました。

次回は、アルバム"Older"から。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR