この一枚 (65) Persephone (永遠の女神)

今日はブリティッシュ・ロックから、ツイン・リードギターのグループWishbone Ashの日本で大ヒットしたシングル。泣きのギターが売りでした。
wa01_convert_20170117021219.jpg

"Persephone"「永遠の女神」(Wishbone Ash)
Andy Powellを中心とした4人組。1970年にデビューし、3作目のアルバム"Argus"「百眼の巨人アーガス」がUKチャート3位を記録。続く"Wishbone Four"「ウィッシュボーン・フォー」がBillboard 200で最高位44位を記録し、本格的にアメリカ進出を狙った5作目のアルバム"There's the Rub"「永遠の不安」からのシングル"Home Town"のカップリング曲でしたが、日本ではA面としてシングルカット。日本のみのヒットとなりました。 Wishbone Ash作品、このアルバムから脱退したTed Turnerの代わりにLaurie Wisefieldが加入しました。
1975年のヒット。(この年初来日しています。)



さらに続きます。
(歌詞和訳)

ペルセポネの周りは光に包まれ
彼女の瞳には永遠の炎
最後に彼女に接見した時は
悪い言葉など発せなかった

あなたの浪費する日々は見たくない
もはや瞳の魔法すらないだろう
外に出て皆に囲まれているときが
光り輝くことができる

しかし舞台裏は退屈だろう
カーテンコールの後、幕は下りる

脚光を浴びるここにきて
歌の間は君といる
平和なこの場所の君の顔を見れば
幕が下りるなんて考えられない

君の今までの時は無駄ではなかった
今の君の瞳に魔法が宿っているから

(HY訳)

ペルセポネは、冥界の王に略奪された農業や結婚を司る女神で、その後春から秋までは地上に戻ることが許された。

基本的にこのグループは、アルバムアーティストなのでシングルは、少ないです。しかも日本では独自シングルが多いようです。

wa02_convert_20170117021237.jpg

"Rest In Peace"「安息の地」(Wishbone Ash)
1976年の6thアルバム"Locked In"「限りなき束縛」からの日本独自シングル。Wishbone Ash作品。

同じアルバムから、
wa03_convert_20170117021255.jpg

"Moonshine"「ムーンシャイン」(Wishbone Ash)
こちらも日本独自シングル。Wishbone Ash作品。

wa04_convert_20170117021311.jpg

"You See Red"「怒りの炎」(Wishbone Ash)
1978年のアルバム"No Smoke Without Fire"「因果律」からのシングル。Laurie Wisefield作品。

現在のオリジナルメンバーはAndy Powellのみです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
7位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR