聖夜はアカペラで 2016-3

Pentatonixは、12月19日放映のAmerican's Got talent Holiday Spectacularに出演。アルバム"A Pentatonix Christmas"から'N Syncのナンバー(1998年発表)を初披露しました。
ptx01_convert_20161225003252.jpg
ptx02_convert_20161225003230.jpg
テレビ出演が続いて多忙の5人。なかなか日本に来れないですね。(前はプロモーションだけでも来ていました。)

歌はこちら

"Merry Christmas, Happy Holidays"「メリー・クリスマス・ハッピー・ホリディ」(Pentatonix)
オリジナルは、'N Syncの1998年のクリスマスアルバム"Home for Christmas"収録曲。JC Chasez、Veit Renn、Justin Timberlake、Vincent Degiorgioの共作です。



さらに続きます。
Jimmy Kimmel Liveでは、"God Rest Ye Merry Gentlemen" を披露。

"God Rest Ye Merry Gentlemen"「 神が喜びを下さるように (ほしかげさやけき)」
(Pentatonix)


続いてPeter HollensHome Freeの共演。

"Amazing Grace"「アメイジング・グレイス」(Peter Hollens & Home Free)
この二組も今年のアカペラ界を牽引してきました。

Peter Hollensと一人アカペラの師匠Mike Tompkins

"Little Drummer Boy"「リトル・ドラマー・ボーイ」(Peter Hollens & Mike Tompkins)
Katherine Kennicott Davisが1941年に作曲・発表したクリスマス・ソング。Pentatonixもカバーしています。

今年の最後は、Peter Hollensの作品で。

"Believe"「ビリーヴ」(Peter Hollens featuring One Voice Children's Choir )
Josh Grobanの2004年の曲。アルバム"The Polar Express"サウンドトラック盤に収録。

それでは、よいクリスマスを・・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

いつもご訪問ありがとうございます。

ジョージマイケル、彼にとって、今年がまさにラストクリスマスになってしまいました。
ファンだったので、残念です。
若い時の曲なので、当時を思い出します。

私のサイトのいくつかは、
gleeからのフレーズです。

今後ともよろしくお願い致します。

Re: はじめまして

SWEETHIRO 様

コメントありがとうございます。

> ジョージマイケル、彼にとって、今年がまさにラストクリスマスになってしまいました。
> ファンだったので、残念です。

今年は訃報が多くてつらいですね。とくにPrinceとかこの人とかまだ若い人は悔やまれます。
今回、彼のソロ時代の歴史をたどろうと思い記事にしてます。ご意見等ございましたらまたよろしくお願いします。


> 私のサイトのいくつかは、
> gleeからのフレーズです。

そうでしたか、また勉強になります。(英語難民なもので・・・)
こちらこそよろしくです。

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR