Tony Orlando & Dawn ④ Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree (幸せの黄色いリボン)

音楽出版社副社長の職を捨ててショービズの世界に復帰したTony Orlando。予想に反しセールスが低迷する中起死回生の大ヒットが生まれます。
to401_convert_20160925101135.jpg

"Tie A Yellow Ribbon Roud The Ole Oak Tree"「幸せの黄色いリボン」
(Dawn Featuring Tony Orlando)

ストーリー性のある曲とTonyの癒し系の声がマッチして大ヒット。映画「幸せの黄色いハンカチ」のモチーフとなったことでも有名ですね。今でもCMなどでよく流れています。曲は、Irwin LevineとL. Russell Brownの共作。アルバム"Tuneweaving"(US)からのシングルカット。
1973年Billboard最高位1位。 (4週)



さらに続きます。
大ヒットの後は、同じストーリー性のある曲が続きます。
to402_convert_20160925101334.jpg

"Say Has Anybody Seen My Sweet Gypsy Rose"「嘆きのジプシー・ローズ」
(Dawn Featuring Tony Orlando)

逃げた妻がストリッパーになってしまい。彼女を追いかける男の切ない歌。ラグタイム風サウンドで前作と 同じくIrwin LevineとL. Russell Brownの共作。アルバム"Dawn's New Ragtime Follies"「嘆きのジプシー・ローズ/ドーンの陽気なラグタイム・バンド」の先行シングル。
1973年Billboard最高位3位。

続くシングルも似たタイプの曲。この曲から米国では、Tony Orlando & Dawn名義になりました。
to403_convert_20160925101519.jpg

"Who's In The StrawberryPatch With Sally"「いちご畑のサリーちゃん」
(Tony Orlando & Dawn)

こちらもIrwin LevineとL. Russell Brownの共作。スローから入るのも前作と同じパターンですね。アルバム"Dawn's New Ragtime Follies"「嘆きのジプシー・ローズ/ドーンの陽気なラグタイム・バンド」収録曲。

このアルバムからの3枚目のシングルは、バラード曲。
to404_convert_20160925101554.jpg

"It Only Hurts When I Try to Smile"「心の痛手を胸に秘めて」
(Tony Orlando & Dawn)

音量が出ていません。これしか見つかりませんでした、ごめんなさい。こちらもIrwin LevineとL. Russell Brownの共作。アルバム未収録?。
1974年Billboard最高位81位。

さらにヒットは、続きます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR