Queen ② Killer Queen (キラー・クィーン)

この曲からアメリカでも認められるようになりますが、日本ではトップクラスのアーティストになってきます。
queen201_convert_20160905025333.jpg

"Killer Queen"「キラー・クィーン」(Queen)
サード・アルバム"Sheer Heart Attack"「シアー・ハート・アタック」からのファースト・シングル。Freddie Mercury作品。UKチャートでは、最高位2位を記録。全米チャートでもやっとチャートイン。
1975年Billboard最高位12位。



さらに続きます。
1974年に日本デビューしたQueenは、1975年のMusic Life誌読者投票で初登場ながら上位にランクされ、当時の漫画にも登場するくらいになります。一部ご紹介。

グループ部門  3位
男性ボーカリスト部門 10位 Freddie Mercury
ギタリスト部門      6位 Brian May
ベーシスト部門     10位 Deacon John
ドラマー部門       4位 Roger Taylor

ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー 2位
シングル・オブ・ザ・イヤー    9位 Keep Yourself Alive (炎のロックンロール)
アルバム・オブ・ザ・イヤー    1位 Queen Ⅱ

グループ部門では、Emerson Lake & Palmer、Led Zeppelinに次ぐ3位でした。アルバム"Queen Ⅱ"は、"Brian Salad Surgery"(EL&P)や"Band On The Run"(Paul McCartney & Wings)を抑えての受賞です。

一部の国では、カップリングのこの曲と両A面扱いだったようです。

"Flick Of The Wrist"「フリック・オブ・ザ・リスト」(Queen)
Freddie Mercury作品。

そしてセカンドシングルは、
queen202_convert_20160905025350.jpg

"Now I'm Here"「誘惑のロックン・ロール」(Queen)
Brian May作品。1975年4月ついに初来日武道館を皮切りに7都市8公演公演がありました。来日記念シングルでもあるこの曲、UKチャートでは、最高位11位を記録しますが、Billboardでは、記録なしで終わっています。

米国での不完全燃焼状態は次のアルバムまで続きます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR