The Doobie Brothers ⑦ The Doctor (ザ・ドクター)

最終回は、グループ復活から現代まで
db701_convert_20160626011551.jpg

"The Doctor"「ザ・ドクター」(The Doobie Brothers)
1987年チャリティのため一度再結成されたグループは、1989年に本格的に再結成されます。Tom Johnstonが復帰して、Patrick Simmons、Michael Hossack、Tiran Porterなど初期黄金期のメンバーで構成。初期Doobieを感じさせるこの曲は大ヒットし、見事復帰に成功します。この曲は、Tom JohnstonとCharlie Midnight、Eddie Schwartzの共作。9年ぶりのオリジナルアルバム"Cycles"「サイクルズ」からのファースト・シングルでした。
1989年Billboard最高位9位。



さらに続きます。
セカンド・シングルは、小ヒット。
(ジャケありません)

"Need A Little Taste Of Love"「ニード・ア・リトル・テイスト・オブ・ラブ」
(The Doobie Brothers)

The Isley Brothersのカバー。(未シングル曲)Marvin Isley、Ernie Isley、Ronald Isley、O'Kelly Isley、Chris Jasperの共作。得意のソウル・ナンバーです。
1989年Billboard最高位45位。

続くアルバム"Brotherhood"「ブラザー・フッド」からは、Hot100シングルは出ませんでした。
db702_convert_20160626011921.jpg
(シングル・ジャケ捜索中)

"Dangerous"「デンジャラス」(The Doobie Brothers)
1991年の"Brotherhood"からのファースト・シングル。Patrick Simmonsの作品。
Billboardチャートインなし。

その後もライブを中心にグループ活動を継続、2005年には、Michael McDonaldも一時グループ復帰するなど、イーグルスと違い脱退したメンバーともいい関係が続いています。

最後に2012年のライブから、The Doobie Brothers & Michael McDonald、Kenny Loginsで

"What A Fool Believe"「ホワッタ・フール・ビリーヴス」
(The Doobie Brothers featuring Michael McDonald & Kenny Logins)

Tom Johnstonもタンバリンを叩いています。ドラマーのKeith Knudsen、Michael Hossackらが亡くなってしまったのが淋しいですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR