The Doobie Brothers ② Black Water (ブラック・ウォーター)

1974年Steely Danのサブ・ギタリストJeff Baxterが正式加入、4thアルバム"What Were Once Vices Are Now Habits"「ドゥービー天国」からのサード・シングルが大ヒット。
db201_convert_20160528010600.jpg

"Black Water"「ブラック・ウォーター」(The Doobie Brothers)
当初ファーストシングル"Another Park, Another Sunday"「アナザー・パーク」のカップリングとして登場。のちにB面からヒットして米国では正式シングルとしてリリース。メンバーのPatrick Simmons作品。南部のブルースを意識したつくりになっています。アルバムも前作を上回る最高位4位を記録しました。
1975年Billboard最高位1位。



さらに続きます。
ファースト・シングルA面曲は、小ヒット。
db201_convert_20160528010600.jpg

"Another Park, Another Sunday"「アナザー・パーク」(The Doobie Brother)
こちらは、Tom Johnston作品。
1974年Billboard最高位32位。

セカンドシングルは、Top40に届かず。
db104_convert_20160523002024.jpg

"Eyes of Silver"「銀色の瞳」(The Doobie Brothers)
日本では、"Pursuit on 53rd St."「53番街の追跡」のB面でした。Tom Johnston作品。
1974年Billboard最高位52位。

1975年には、5thアルバム"Stampede"「スタンピード」をリリース。ファーストシングルがこの曲。
db202_convert_20160528010617.jpg

"Take Me In Your Armes (Rock Me)"「君の胸に抱かれたい」(The Doobie Brothers)
アルバムタイトルを意識した疾走感あふれる曲。モータウン・サウンドHolland-Dozier-Holland作品のカバーですが、一番ヒットしています。アルバムも最高位4位を記録。
1975年Billboard最高位11位。

続くシングルもヒット。
db203_convert_20160528010655.jpg

"Sweet Maxine"「スィート・マキシン」(The Doobie Brothers)
Tom JohnstonとPatrick Simmonsの共作。
Billboard最高位40位。

非常に順調な推移を記録していましたが、このアルバムのあとTom Johnstonが健康問題でグループを離脱。グループのイメージがガラッと変わります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR