The Osmonds ⑫ He Ain't Heavy... He Is My Brother (兄弟の誓い)

The Osmondsのファミリー・コンサートでは必ずと言っていいほど歌われるこの曲。今日は、この曲を初ヒットさせたアーティストのバージョンからスタートします。
osm1201_convert_20160517015137.jpg

"He Ain't Heavy... He's My Brother"「兄弟の誓い」(The Hollies)
マンチェスターの幼なじみAllan ClarkeとGraham Nashが中心となって結成されたグループ。1963年にデビューし英・米で"Bus Stop"など多くのヒットを出しましたが、1968年にGraham Nashがグループを抜けた後に出たシングル。Bob RussellとBobby Scottの作品。(オリジナル・アーティストは、Kelly Gordon 1969年)UKチャートでは、1969年にNo.1に輝いています。この曲は、多くのアーティストによってカバーされており、1970年には、Neil Diamondのバージョンが、ヒットしています。
1970年Billboard最高位7位。



さらに続きます。
(歌詞和訳)

道は遠く、幾重にも曲がっている
そして行きつく先は知らない、そう知らない
でも僕は強い
彼を運ぶことだって簡単さ
彼は重荷なんかじゃない、僕の兄弟だから

さあ行こう
彼の幸せが僕の願い
彼は耐えられないお荷物なんかじゃない
僕らはきっとたどり着けるよ

彼はぼくの邪魔はしない
彼は重荷なんかじゃない、僕の兄弟だから

もし少しでも重荷に感じていることがあるとすれば
それは、悲しみの気持ち
皆の心は必ずしも愛の喜びで満たされているとは限らないから
それはみな同じ

道は果てしなく遠く、戻ることはできない
道の途中で分かち合えばいい
そうすれば、重さで押しつぶされることもない

彼は重荷なんかじゃない、僕の兄弟だから

(HY訳)

The Osmondsのデビュー・アルバムでこの曲を取り上げたのは、兄弟の上二人が聴力障害を患っていたこともあるかもしれません。ファミリー・ショーやコンサートでは、上の二人も参加して兄弟の結束の固さを見せています。

そんな中、1980年半ばにはAlan Osmondの息子6人がOsmond Boysとしてデビューします。1988年には思い出の地日本でシングルを発表。
osm1202_convert_20160517015204.jpg

「今はハピネス」(オズモンド・ボーイズ)
作詞奈良橋洋子・作曲タケカワユキヒデ。編曲Alan Osmond。Alanの8人の息子のうち6人で結成。

1990年には、4人となりデビューアルバムを発表。その後Osmonds Second Generationとして活動していました。
osm1203_convert_20160517015226.jpg

そんな中、兄弟のうちDavid Osmondがアメリカン・アイドル シーズン8ソルトレイクシティ予選に出場。衝撃の告白をします。

2005年に多発性硬化症という難病に罹患していたことを告白。この病気は脳や脊髄、視神経のあちこちに病巣ができ寛解と増悪を繰り返す難病です。症状も多彩で麻痺や痛みや視力障害などどこに何が起こるかわからないため歩けなくなったり突然激しい痛みに襲われたりします。最近は治療法も徐々に改善されてきています。実は父Alanもこの病気で、現在二人で病気の正しい知識を広報するスポークスマンもやっているようです。

まさに曲がりくねった道を歩いてきた彼らを支えたこの曲を最後に。
os302_convert_20160316005226.jpg

"He Ain't Heavy... He's My Brother"「兄弟の誓い」(The Osmonds)
50周年アニヴァーサリーコンサートから。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。 最終回ですね・・・長くなりそうです、ごめんなさいv-436
二人のお兄さんの補聴器購入を助けるために、音楽活動を始めたようです。お兄さん達も、楽器演奏やタップダンスをしてましたね。
余談ですが、長男のヴァールの息子ハイラムはアニメーターで、ディズニーアニメ「アナと雪の女王」の“オラフ”の担当でした。

Osmonds Second Generationは'92年にSMAPやTOKIO等と東京ドームで共演したそうです。そういえば、ジャーニーズとは更に昔、関わりがありフィーリーブスに曲を提供していました。

50周年アニヴァーサリーコンサート、日本に来なかったのは残念でした。アジア圏では数ヶ所あり、台湾でのコンサートには日本から多くのファンが行ったようです。 私は知らなくて、行けませんでしたーv-406
今はAlan、Wayneは病気のため活動してなくてMerrill、Jay、JimmyはUKでのコンサート、Donny&Marieは'08年~ラスベガスで定期公演が続いています。
Donnyは'12年、スーザン・ボイルのアルバムでデュエットしました。スーザンの永遠のアイドル、理想の男性だそうです。

昨年は、これまでの人生の中で、大切な想いが込められた曲をカバーしたアルバム“The Soundtrack of My Life”を出しました。幼い頃からの彼のヒーロー、スティービー・ワンダーやアンディ・ウィリアムスの曲を収録。
Donnyが歌う事を想定していたが、ツアーの為レコーディングできず、マイケルが歌い映画と共に大ヒットした“Ben”も入ってます。

Marieも先月アルバム“Music is Medicine”を出しまし、アレックス・ボエやオリビア・ニュートン・ジョン等とデュエットしています。カントリーチャートで10位になったみたいです。

またこんなに長くなってしまい、すみません。約2ヶ月間、楽しませていただきました。ありがとうございましたv-410

Re: No title

おりーぶ 様

コメントありがとうございます、

結構端折ったり、気づいてなかったりしてだいぶ積み残してしまってすいません。

>Marieも先月アルバム“Music is Medicine”を出しまし、アレックス・ボエやオリビア・ニュートン・ジョン等とデュエットしています。カントリーチャートで10位になったみたいです。

Marieのカントリーチャートでの活躍もやっときたかったのですが残念です。1980年代にはカントリーチャートでNo.1を記録してますよね。

現在オズモンド・ファミリーは、250人を超えるとかにぎやかでしょうね。それにしても男子ばかり生まれるのはなぜ?

長期にわたり、お付き合いありがとうございました。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
5位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR