この一枚 ㉚ The Glamorous Life (グラマラス・ライフ)

この人も当時プリンス・ファミリーでした。
gl001_convert_20160506004527.jpg

"The Glamorous Life"「グラマラス・ライフ」(Sheila E.)
正式名Sheila Escovedo。当時LAで有名なパーカッショニストで父や叔父も同業。Princeにスカウトされ歌手デビュー。アルバム"Purple Rain"のセッションにも参加。"Erotic City"(シングルB面曲)では、ボーカルを取っています。この曲は、同名の彼女のデビューアルバムからのファーストシングル。Prince作品。(当時のレコードでは、Sheila E.となっています。)ダンス・チャートでは、1位を記録しています。
1984年Billboard最高位7位。



さらに続きます。
(歌詞和訳)

彼女はミンクの毛皮でやって来る
夏であろうとお構いなし
彼女の恥じらいがちな小さなウインクはみんな知ってる
彼女は心にはいろんな想いが溢れてる

大きな野望と大きな夢
そして大きな茶色のメルセデスのセダン
思うに
彼女が本当に欲しいのは男性との恋愛

※グラマラスな生活が彼女の望み
男の助けなどいらない
グラマラスな生活が彼女の望み
でも愛がなければ満たされない

彼女が彼に会うのは区切られたところから
もし下着もあげられないと聞かなきゃいけないなら
彼女は、彼にパンを投げて、私に悲鳴を上げさせてと言った
暗闇の中で彼は何と言うだろう

小心者で臆病な連中は
ベッドの中で何も感じない
彼女は、男の中の男と毛皮とダイアモンドを
求めているよ
愛だけがすべてだと思うけど・・・

※繰り返し

彼らはブラウンのセダンを飛ばして
55番街の秘密の場所へ
そして愛し合い7つめの波が来た時に
彼女は問題に気付くのさ
彼女は、ほんとの愛が怖いのさ
お金は家賃を払うため
愛こそ、人生のすべて
愛こそ、グラマラスな生活を実現する

(HY訳)

Princeがバックアップしたセカンド・アルバムからもヒット曲が
gl002_convert_20160506004612.jpg

"A Love Bizarre"「ラヴ・ビザール」(Sheila E. )
セカンド・アルバム"Romance 1600"「ロマンス1600」からのセカンド・シングル。ファースト・シングルがこけて、Princeとのデュエット曲で挽回しました。PrinceとSheila E.の共作曲。
1986年Billboard最高位16位。

現在もパーカッショニストとして活躍中でPrinceの訃報に際しコメントしていました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
7位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR