この一枚 ㉕ Believe It Or Not (アメリカン・ヒーローのテーマ)

テレビ番組主題歌で大ヒットした曲を手掛けていることが多いのが、作曲家Mike Post。今日は彼の作品から紹介。
mp01_convert_20160329002846.jpg

"Believe It Or Not"「アメリカン・ヒーローのテーマ」(Joey Scabury)
Mike Post(作曲)とStephen Geyerの作品で、プロデューサーもMike Post。The Flashと同じ等身大のヒーローのストーリー。この歌詞は、The Flashとも通ずるものがありますね。歌を任されたJoey Scaburyは、一発屋に近い状態でした。(40位内はこの曲だけ)
1981年Billboard最高位2位。



さらに続きます。
(歌詞和訳)

僕に起こったことを見て
自分自身でも信じられない
突然、世界の頂点に上り詰めた感じ
こんなのほかのだれかの役目だと思ってた

※信じようが信じまいが
僕は空中を歩いてる
こんなに自由を感じたことなどないよ
翼か祈りで飛んで行ける
いったい誰がこんなになると思っただろう
信じようが信じまいがそれが僕さ

新しい日の光のように
僕をブルーな気分から救ってくれる
僕を縛る呪文から解放し
僕の望みを叶えてくれる

※繰り返し

これが現実で良かった
僕を見て、君が大好きなんだ

(HY訳)

Grant歌わんかな。The Flashのカラオケの場面で・・・


余談はさておきMike Post作品は、ヒットチャートをにぎわしています。
mp02_convert_20160329002939.jpg
(このジャケは違うかも)

"The Rockford Files"「ロックフォードの事件メモ」(Mike Post)
ジェームズ・ガーナーの大ヒット・ドラマの主題歌。
1975年Billboard最高位10位。

mp03_convert_20160329002956.jpg

"Hillstreet Blues Theme"「ヒル・ストリート・ブルースのテーマ」(Mike Post featuring Larry Carton)
Larry Cartonの泣きのギターが印象的。
1981年Billboard最高位10位。

こんなのも書いています。

"Quantum Leap intro~Theme"「タイムマシンにお願い」(Mike Post)
この他、「The A Team」「Magnam PI」「NYPD Blue」「Law and Order」など数々。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

懐かしいですね。
このレコード、持ってました。
ウィリアム・カットがまだ若々しかったですね。

Re: No title

ユートーモ 様

コメントありがとうございます。

> ウィリアム・カットがまだ若々しかったですね。

映画「キャリー」で注目されてすぐの感じでしたが、5年ぐらい間が空いてたんですね。今までのヒーローと全く違った姿が逆に好感をもたれました。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR