追悼 : Natalie Cole ② Unforgettable (アンフォーゲッタブル)

4thアルバム"Thankful"までは、アルバムもTop20に入る安定した状態でしたが、5thアルバム以降セールスが低迷。1976年に結婚したSongwriterのMarvin Yancyとも1984年に離婚、薬物依存などに苦しむようになります。そして、1987年マンハッタン・レーベルへ移籍、心機一転アルバム"Everlasting"を発表します。ファーストシングルがこちら、
nc06+001_convert_20160103003411.jpg

"Jump Start"「ジャンプ・スタート」(Natalie Cole)
Midnight StarのReggie Calloway作品。離婚(別れた夫が1年後に死亡)や薬物依存を克服し、まさに最出発を象徴する曲でした。久しぶりのTop20ヒットを記録。
1987年Billboard最高位13位。

さらに続きます。
続くシングルもヒット。
nc07+001_convert_20160103003425.jpg

"I Live For Your Love"「アイ・リブ・フォーユア・ラブ」(Natalie Cole)
一転バラード曲。Pam Reswick、Allan Rich、Steve Werfel三人の共作。
1988年Billboard最高位13位。

そして3曲目は、Bruce Springsteen曲。
nc09+001_convert_20160104020730.jpg

"Pink Cadillac"「ピンク・キャデラック」(Natalie Cole)
ブルースの"Dancing In The Dark"のB面曲。ロック曲をNatalie流に歌いこなしています。
1988年Billboard最高位5位。

続くアルバム"Good to Be Back"からは、
(ジャケ捜索中)

"Miss You Like Crazy"「ミス・ユー・ライク・クレイジー」(Natalie Cole)
"Gone to Be Back"からのファースト・シングル。Gerry Goffin、Michael Masser、Preston Glass三人の共作。(豪華な組み合わせです。)日本でもパーラメントのCMに使用されヒットしました。
1989年Billboard最高位7位。

そして、ついに親子デュエットが実現。
(ジャケ捜索中)

"Unforgettable"「アンフォーゲッタブル」(Natalie & Nat King Cole)
45歳で亡くなった父の音源とデュエットを展開した作品。父の歌った歌を中心にカバーしたアルバム"Unforgettable... with Love"「アンフォーゲッタブル」からのシングルカット。叔父のIke Coleがピアノを担当しています。この曲とアルバムは、Grammy賞最優秀レコード賞と最優秀アルバム賞を受賞。アルバムもチャート1位を記録、世界的な大ヒットになています。
1991年Billboard最高位14位。

その後、スタンダード作品のカバーなどを積極的に行い音楽活動も順調でした。年齢的にまだ活躍してほしい人でした、ご冥福をお祈りいたします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR