Elton John ③ Crocodile Rock (クロコダイル・ロック)

ここからは、エルトン・ジョン黄金時代に突入。出す曲出す曲、大ヒット。
ej301+001_convert_20151229015818.jpg

"Crocodile Rock"「クロコダイル・ロック」(Elton John)
Elton John初の全米No.1ヒット。ちょっと懐かしめの音とリズム。次第にコスチュームも派手になり、ぽっくりタイプのシューズなどが登場しました。このシングルのキャッチコピーが、"グラムロックの創始者エルトン・ジョン"、当時そんな風に思われていたのでしょうか?ちょっと意外です。Bernie Taupin & Elton John作品 (今回の曲すべて) トリュフォーの映画タイトル「ピアニストを打て」に対抗してつけられたアルバム・タイトル"Don't Shoot Me I'm Only the Piano Player"「ピアニストを撃つな」からのファースト・シングル。
1973年Billboard最高位1位。



さらに続きます。
続くシングルも名曲。
ej302+001_convert_20151229015836.jpg

"Daniel"「ダニエル」(Elton John)
当時ゲイの恋人のことを歌った歌と言われていましたが、精神的に傷ついたベトナム戦争帰還兵のことをテーマに詩を書いたとのちにBernieは、話しています。カップリング曲"Skyline Pigeon"(デビュー・アルバム"Empty Sky"収録)もいい曲です。"Don't Shoot Me I'm Only the Piano Player"「ピアニストを撃つな」からのシングルカット。
1973年Billboard最高位2位。

続いて年末発売の新アルバムからの先行シングル。
ej303+001_convert_20151229015855.jpg

"Saturday Night's Alright For Fighting"「土曜の夜は僕の生きがい」(Elton John)
再びアップ・チューン、この曲はエルトンの代表曲の一つですが、この時代では、ヒットしていない方です。
1973年Billboard最高位12位。

後年映画の挿入歌としても使われました。
fandango01_convert_20140618020601.jpeg
映画「ファンダンゴ」主題歌。「土曜の夜はファンダンゴ」すごいタイトルになってます。

1973年末に発表された2枚組の対策アルバム"Goodbye Yellow Brick Road"からのタイトルチューン。
ej304+001_convert_20151229015912.jpg

"Goodbye Yellow Brick Road"「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」(Elton John)
「甘いフィーリングのロッカ・バラード」だそうです。「都会の黄色いレンガ道のお別れをして、郷里の農場に帰ろう」そんな郷愁を誘う歌です。このアルバムは、名曲ぞろいの捨て曲なしでした。
1973年Billboard最高位2位。

次回は、英国と米国でシングルカットが異なったあの曲から。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR