この一枚 ⑩ Michelle  (ミッシェル)

今回は、二枚のシングルをご紹介。Beatlesの名曲"Michelle"は、ご本家がシングル発売しなかったため、多くのアーティストのカバー・バージョンが発売されました。Billboard Hot100でも3バージョンがチャートインするほどの人気曲だったのですが、全米で一番売れたのが、この人たちのバージョンでした。
mchl01_convert_20151205012552.jpeg

"Michelle"「ミッシェル」(David & Jonathan)
Roger ("David") GreenawayとRoger ("Jonathan") Cookの二人組。1965年デビューで当初はFortunesなどのソングライターとして活躍してました。George Martinに認められ、この曲のカバーを歌うことに。UKチャートでも最高位11位を記録するヒットになっています。この他、UKチャート7位を記録した"Lovers of The World Unite"があります。
1966年Billboard最高位18位。



さらに続きます。
一方、UKの方でヒットしたのは、
mchl02_convert_20151205012607.jpeg

"Michelle"「ミシェル」(The Overlanders)
1963年に3人組でスタートしたフォーク系の英国のグループでした。その後5人組となり、10枚目のシングルがこのカバーだったようです。こちらは、Tony Hatchのプロデュースです。1966年1月にUKチャートで1位に輝きました。
Billboardチャートインなし。

mchl03_convert_20151205012624.jpeg

"Gone The Rainbow"「虹とともに」(The Overlanders)
原曲は、"Siúil a Rún"というアイリッシュ・トラディショナル・フォーク。英語詞バージョンは、Peter Paul & Maryなどで有名ですね。このシングルは、ミシェルのあとに出たようですが、曲は以前に発表したものだそうです。米国の方では、このグループは"Yesterday's Gone"という曲が、1964年にBillboard最高位75位を記録しています。

最後に本家のバージョン。
pw03_convert_20130908000623.jpeg

"Michelle"「ミッシェル」(The Beatles)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

懐かしい…。
アップをありがとうございます。

すっかり忘れてましたが学生時代の思い出の曲のひとつで、もう胸キュンです。

Re: No title

carmenc 様

いつもありがとうございます。

> すっかり忘れてましたが学生時代の思い出の曲のひとつで、もう胸キュンです。

オリジナルも素晴らしいですが、カバーもなかなか良かったですね。David & Jonathanは、コーラスがきれいですし、Overlandersは独自のアレンジが効いてました。また色々懐かしの名曲をアップしていきます。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
5位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR