Nolan Gerard Funk、インタビュー (後編)

やっと最後です。
Nolan Gerard Funk、インタビュー (前編)は、こちら (中編)は、こちら
ngf01_convert_20151122042949.jpg
Hercules Magazineに登場したNolan Gerard Funk。

ソースは、こちら
(間違い等ありましたらお知らせくださいよろしくお願いします。)

Just Jared以下JJ:クレイジーなファンに遭遇したことがある?

Nolan Funk以下NF:僕のファンは、この仕事の重要な一部分だよ。最近ある俳優がファンの叫び声をこき下ろしているのを聞いたことがあるけど、僕からすれば、仕事に注目してくれたり、バックアップしてくれる人々がいることはラッキーなことだと思う。僕は、Equal Rights Amendmentのチャリティをやったけど、僕のファンたちが、テーマを傾聴する時間を割いてくれて、実際に寄付を行ってくれたという事実は、僕にとっても重要なことなんだ。僕に言わせれば、ファンがクレイジーな状態であっても、祝福されていると感じる。そういうの好きだしね。

JJ:あなた自身が、ホットなアイテムと考えることは、言いすぎかしら?人々は、ツイッターやインスタグラムであなたのファン・サイトをやってるよね?

NF:うん、確かにおかしなことだよ。インスタグラムやツィッター、Nolan Funk Onlineは、Tumblrだしね。これらは、ファンが僕を励ましてくれる最高の方法だよ。Amy、(Nolan Funk Onlineの)モデレーターをやってる女の子だけど、僕の参加したフィルムフェスティバルやイベントやファンの撮った写真なんかの大量の素材をマネージメントしてくれてるよ。そこは、一種のブログのようなものだけど、僕のやったことの周りの出来事すべてがまとめられている。このおかげで、僕が、どういったことだったかを考えるのに時間を割かなくていいから喜んでいる。本当に嬉しく思っているよ。

Just Jaredの撮影風景をもう一度。


さらに続きます。
ngf06_convert_20151122043528.jpg
Hercules Magazineから

JJ:あなたが、今から誰かとデートするとしたら、ファンはどう思うかしら?

NF:僕は今シングルだしね。

JJ:あなたは、パートナーのどの当たりを注目する?

NF:一番重要なのは信頼できることかな、そして一緒にいて楽しいこと、明らかに抑制されてたり、不安定な人じゃないこと。デートは、いつ、どこでやることのうちの一つだから、今、自分のキャリア・アップに忙しい僕にとって、時に両立することが難しいね。

JJ:どんなデートだったらうまくいかないと思う。

NF:もし彼女がきつい性格だったり、押しの強い人だったりするとそうかな。僕は、チェイサーなんだ。バカみたいだけど、チャレンジやチェイスが必要なんだよ。チェイサーでありたいね。

JJ:あなたは、古風なのね。

NF:確かにちょっと古風かな。僕が言えるのはそれだけだ。

JJ:理想のデートてどんな感じ?

NF:最高のデートは、予想外の状態で始まるやつかな。友達付き合いや初デートで始まって最後に15時間ぐらいぶっ通しでしゃべり続けてた・・というような。それは、息が合うってことかな、接近できて、楽しくて。過去のロマンスの記憶では、ぼくのおかしくて滑稽で愚かな面をさらけ出したことかな。安住の地から押し出されることはいいことだと思うよ。自分自身の違った一面に気づかされるからね。でもそこには、美味しい食事があって、自然が楽しめて、海岸が好きなんだ。これは、ファーストデートに最優先事項ではないけどね。

JJ:でも美味しい食事は・・・・

NF:僕の中では、いつも最優先だな!そしてデートを盛り上げてくれるよね。でも、ちょっとプライベートだけど自然の中に行くのもいいなあ。人があまり知らないようなところはいいね。

ngf05_convert_20151122043515.jpg

JJ:あなたの隠れた楽しみは?

NF:甘いもの!ベタなコメディを見るのも好き。あといっぱい寝ること。居眠りもね。

JJ:自分自身をグーグルすることはある?自分自身をグーグルして一番びっくりしたことって何?

NF:そこには、いくつかの面白いファンフィクションがあって・・・(過激なやつも見てるのか?)あと、自分のすごした年月が見つけられるね。最初の”Spectacular”の頃のメディアを見ると恥ずかしいね。ほんとシャイな気分だよ。当時Twitter Acountも持ってなかったし、ソーシャルメディアもやってなかった。未だに自分をグーグルすることは怖いよ。バツの悪い写真が流れているからね。グーグルに自分のものがなければいいと思うけど、結果自分自身をグーグルしないことが答えであるところに行き着いたよ。

ということでSpectacularの頃のNolan。


JJ:最初のオーディションって覚えてる。

NF:ああ、確か食品関係のコマーシャルだったよ。飛び回ったり、障害物のコースを走ったりするんだ。結局僕が採用になったんだ。Justin Chatwinっていう当時カナダに住んでいた俳優が当初合格して、僕が次点だったんだけど。そのCMは、家から出て周りを飛び回ったり、アップダウンを走ったりとぐちゃぐちゃだったけどね。キューの合図でジャンプしたよ。

JJ:TVドラマや映画を撮ってて一番クレイジーだったことは?

NF:”The Canyons”でのシーンの時かな。でも詳しくは言えないけどね。(ウィンク)

JJ:あなたがやった役で一番きつかった役は?

NF:人を殺す役の時かな。見てる人がダメージを受けるような。見てる人はその時傷ついて、時が経てば少しは軽くなるよね。君が僕の立場にたったら、その瞬間の気持ちがわかるよね。あとGleeでちょっとしたことを学習しなくちゃならなかったとき。前の晩に予習しなきゃならないって辛いよね。どうせやるなら、全部知りたいのに一部だけていうのはね。

JJ:実生活の中でやった最も冒険的なことって何?

NF:クリスマスにロス行きの片道切符を買ったこと。もうカナダに戻らない。多分ね。

JJ:ここで一生過ごすってこと?

NF:ああ、その数ヶ月前からここに住んでた。Mila Kunisとスクリーンテストを受けたよ。ここに来て、太陽の日差しとパームトリーが好きさ。いろんな機会が増えるのはいいことだ。僕はそれまでの生活に少し飽きていたんだ。家族とクリスマスイヴを過ごしてた時、そこで「あすロスに旅立つよ」て言ったんだ。ここにきて、お金も仕事の予定もなかったけどね。2007年に起こった事さ。

ngf04_convert_20151122043502.jpg
"The Sierra Club’s Act In Paris, a night of comedy and climate action at Heath"でのNolan。
11月11日McKittrick Hotel (NY)。

(終わり)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長いインタビューでしたね
お疲れ様でした、そしてありがとうございます

Spectacularの頃のノーラン若いなぁ
グリーで好きになってから、ずっと気になってる人ですけど
やっぱり、ハンターが一番好きかも

いい人の役してほしいなぁ
悪い役のイメージが強いです(笑)
主役というより、脇役なのにキャラ濃いみたいな感じがあります。
↑勝手な想像(笑)

カナダにはもう帰らないんだ
やっぱり、アメリカの方がいいのかな
カナダの作品は、日本ではほとんど見れませんもんね

Re: No title

裕子様

コメントありがとうございます。

> Spectacularの頃のノーラン若いなぁ

前髪垂らしているからよけいに若々しいですね。この頃から不良のキャラクターやってますね。

> いい人の役してほしいなぁ
> 悪い役のイメージが強いです(笑)

本人もいい人やりたいみたいですね。"Arrow"も出たいみたいですが、Felicity Smoakにビンタくらって失神したあとでどんな役で出るんでしょうか、改心してヒーロー側につくといいのですが。

> カナダにはもう帰らないんだ
> やっぱり、アメリカの方がいいのかな

こんなこと言ってますが、ほかのインタビューでは、仕事があればどこでも行くと言ってますね。Arrowもバンクーバーで撮ってますし、どこでも行くと思います。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR