Gilbert O'Sullivan ⑤ I Don't Love You But I Think I Like You (愛のジェット便)

日本では忘れられた存在になりつつあったGilbertですが、この曲でヒットチャートに返り咲き。
go501_convert_20151029023038.jpeg

"I Don't Love You But I Think I Like You"「愛のジェット便」(Gilbert O'Sullivan)
1975年の第二弾シングル。オリジナルアルバム未収録。編曲がH.B.Barnumに変わり、華やかな感じにかわりました。UKチャートでも最高位14位と好調でしたが、日本の洋楽チャートでも久しぶりのTOP10を記録するヒットになっています。
Billboardは、チャートインせず。



さらに続きます。
続くシングルは、UKでは、オリジナル・アルバム未収録曲"I'll Believe It When I See It"でした。ヒットしなかったためか日本では、4thアルバム"A Stranger In My Own Back Yard"からのカット。
go502_convert_20151029023054.jpeg

"The Marriage Machine"「マリッジ・マシーン」(Gilbert O'Sullivan)
4thアルバムから評判のよかった曲のカット。日本のみのシングル。

1975年秋のシングル。
go503_convert_20151029023110.jpeg
(残念ながら音源見つからず)
"You Never Listen To Reason"「愛のひとこと」(Gilbert 'Sullivan)
UK、USチャートともチャートインせず。オリジナル・アルバム未収録。

1976年に入って最初のシングル"Doing What I Know"(オリジナルアルバム未収録)は、日本未発売。続いて
go504_convert_20151029023125.jpeg

"To Each His Own"「二人の願い」(Gilbert O'Sullivan)
MAMレーベルが、日本ではキングレコードから東芝EMIに移って最初のシングル。わりと人気曲です。オリジナルアルバム未収録ですが、"Greatest Hits"日本盤にのみ収録。
UK、USチャートインなし。

この頃は、スランプのためかコンサート活動を行っていませんでした。翌年やっとニュー・アルバムとともに音楽活動を再開します。
go505_convert_20151029030656.jpeg

"You Got Me Going"「恋のハイウェイ急行」(Gilbert O'Sullivan)
5thアルバム"Southpaw"「サウスポー」からの先行シングル。英国ではこれ以前に"Matrimony"(デビューアルバム収録曲)"My Love And I"("Southpaw"の先行シングル第一弾)の二曲のシングルが発売されていました。UK・USチャートともチャートインなし。アルバムは売れませんでしたが評判は良かったようです。

このアルバムのあとプロデューサー&マネージャーのGordon Millsと著作権管理のことなどでもめるようになり。MAMレーベルから離れることになります。泥沼の裁判が1984年まで続きしばらく活動休止状態となります。1980年、やっとレーベル移籍して新曲発表となります。以下次回。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR