Gilbert O'Sullivan ① I Wish I Could Cry (僕は泣きたい)

ずっとやりたいと思ってた企画の最初は、英国のシンガーソングライターGilbert O'Sullivanを取り上げます。シングルかなり持っていたと思っていましたが、コンプリートしてなかったみたいです。

Gilbert O'Sullivanは、英国の有名マネージャーGordon Milesに見出され英国MAMレーベルからデビューしたことになっていますが、実は、これ以前にシングルを3枚発表しています。日本では、この曲が発売されていました。
g101_convert_20151013011738.jpeg

"I Wish I Could Cry"「僕は泣きたい」(Gilbert O'Sullivan)
Gilbertは、1967年CBSレーベルから"Disappear"という曲でデビュー。以下"What Can I Do""Mr. Moody Garden"と三枚のシングルを発表しています。この曲は、"Mr. Moody Garden"のB面曲で、日本で"Alone Again"大ヒット後にOdeonレーベルから出されています。ライナーには、Gilbertは、MAMレーベルともめたわけではないから、安心してと発売の経緯を説明しています。ここまでの3枚のシングルは、UKチャートにもチャートインしていません。



さらに続きます。
1970年、MAMレーベルからのデビュー曲はこの曲。
go104_convert_20151013011811.jpeg
(ジャケありません)

"Nothing Rhymed"「ナッシング・ライムド」(Gilbert O'Sullivan)
おかっぱ頭にハンチング帽さらにサスペンダー付き半ズボン。ピーターパン症候群の少年のような出で立ちで登場。(元祖Nerd)繊細な歌詞とメロディで英国で大ヒットしました。Gordon Millsの売り出し作戦が成功しました。この曲は、後にファースト・アルバム"Himself"に収録。日本盤シングルは、出ていたかどうかわかりません。情報ありましたらよろしくお願いします。
1970年UKシングル・チャート最高位8位。

go102_convert_20151013011754.jpeg

"Underneath The Blanket Go"「アンダーニース・ザ・ブランケット」(Gilbert O'Sullivan)
セカンドシングルは、アップ・チューン。オリジナル・アルバム未収録。
1971年UKシングル・チャート最高位40位。

go106_convert_20151013011843.jpeg

"We Will"「ウィ-・ウイル」(Gilbert O'Sullivan)
未だに人気の高い曲。オリジナル・アルバム未収録。
1971年UKシングル・チャート最高位16位。

サード・シングル。
go105_convert_20151013011828.jpeg

"No Matter How I Try"「さよならがいえない」(Gilbert O'Sullivan)
1972年1月日本発売。"Alone Again"直前のシングルになります。デビュー曲を上回るヒットに。オリジナル・アルバム未収録。
1971年UKシングル・チャート最高位5位。

次回歴史的大ヒット曲から・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
7位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR