この一枚 ① Dueling Banjos (脱出のテーマ)

Glee Requestに変わり、シングル・アルバムを1枚ごとに取り上げる特集。記念すべき一発目は・・・・・いきなり地味ですいません。でも、Cash Box誌では、1位を記録した名曲です。
db01_convert_20150911004739.jpeg

"Dueling Banjos"「脱出のテーマ(デュエリング・バンジョー)」(Eric Weissberg & Steve Mandel)
1972年のサスペンス・アクション映画"Deliverance"「脱出」の主題歌。John Voight主演で、渓流下りに都会からやってきた4人組が巻き揉まれるサスペンス。都会対地方という「イージー・ライダー」にもつながる映画。この場面は、映画序盤のボートで川を下るためガソリン・スタンドで車を運んでもらう交渉をするシーン。メンバーのひとりのギターに地元の少年がバンジョーでトレースしつつ
次第に盛大な合奏に盛り上がっていきます。Deulとは決闘という意味で、これから起こるよそ者対地元民のバトルを象徴しているようにも見えます。しかしこの場面では、友好的でほのぼのした雰囲気を醸し出しています。オリジナルは、1995年の作品"Feuding Banjos"(Arthur Smith)をベースに実際にバンジョーを弾いてるEric Weissbergが補作曲&アレンジを行っています。Burt ReynoldsやNed Beattyの出世作でもあります。Grammy賞Country Instrumental賞受賞。
1973年Billboard最高位2位。



さらに続きます。
オリジナルの"Feuding Banjos"。

"Feudin Banjos"(Don Reno & Arthur Smith)
別名Arthur "Guitar Boogie" Smithは、カントリーのInstrumental曲を多数作曲。ギター・フィドル・バンジョーを弾きこなすブルーグラスの代表的なアーティスト。2014年に93歳で亡くなっています。

実際のバンジョーの演奏を行っていたEric Weissbergも現在76歳で健在。

"Dueling Banjos"「脱出のテーマ」(Eric Weissberg & Steve Mandel)
サウンドトラックのバージョン。

この頃は、サウンド・トラック盤のインスト曲がヒットチャートを賑わせていました。この曲もそうですね。
mh02_convert_20120809210352.jpeg

"The Entertainer"「エンターテイナー」(Marvin Hamlisch)
映画「スティング」主題歌。ラグ・ピアニストScott Joplinの作品を映画音楽に採用。Marvin Hamlisch自らピアノを弾いています。1973年度アカデミー賞音楽賞受賞。
1974年Billboard最高位3位。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
7位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR