Glee PlayBack: Halo/Warking On Sunshine (S1Ep06)

今日は、このマッシュ・アップのこの曲に注目。
kw01_convert_20150906031321.jpeg

"Walking On Sunshine"「ウォーキング・オン・サンシャイン」
(Katrina & The Waves)

1981年英国で結成の4人組。リード・ボーカルのKatrina Leskanichは、アメリカ人で最初にブレイクしたのはカナダというちょっと変わった経歴のグループ。カナダで二枚のアルバムを発表後、やっと1985年にCapitolレーベルからデビューアルバム"Katrina and the Waves"を発表。ファースト・シングルがこの曲。メンバーのKimberley Rewの作品。
1985年Billboard最高位9位。



さらに続きます。
Gleeでは、Beyonceの"Halo"とのマッシュアップでした。

New Directions女子チームの課題曲。"Halo"から"Walking On Sunshine"の流れですね。

デビューアルバムからのセカンド・シングル。
(ジャケありません。)

"Do You Want Crying"「ドゥ・ユー・ワント・クライング」(Katrina & The Waves)
Katrina LeskanichとKimberley Rewの共作。
1985年Billboard最高位37位。

ファーストアルバムに収録されていた曲をBanglesがカバー。

"Going Down To Liverpool"「ゴーイング・ダウン・トゥ・リバプール」(Bangles)
Kimberley Rew作品。残念ながらBillboardチャートインなし。

Katrina & The Wavesの米国での最後のヒット曲。
(ジャケ捜索中)

"That's The Way"「ザッツ・ザ・ウェイ」(Katrina & The Waves)
サードアルバム"Break Of The Heart"からのファースト・シングル。Katrina LeskanichとKimberley Rewの共作。
1989年Billboard最高位16位。

このあとUKでは、1997年に"Love Shine a Light"(UKチャート最高位3位)がヒットしますが、Katrina Leskanichがグループを去り、活動休止状態となります。その後、別のKatrina名のボーカリストを入れるもうまくいかなかったようです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR