Lynsey de Paulを偲んで 後編

ワーナー移籍第一弾シングル(日本通算五枚目)が英国と日本でヒット。
ldp05_convert_20150512012817.jpeg

"Ooh I Do"「恋のウー・アイ・ドゥ」(Lynsey de Paul)
元ELOのRoy Woodの影響で制作されたシングル。フィル・スペクターへのオマージュからウォールサウンドを再現しています。しかしこのシングル一枚でJetレーベルへ移籍してしまいます。Lynsey de PaulとBarry Blueの共作。1974年UKチャート25位。日本のオ誌でも69位を記録。(国内シングルを含むチャート)



さらに続きます。
Jetレーベル移籍後セカンドアルバム"Taste Me... Don't Waste Me "を発表。日本のシングルが。
ldp06_convert_20150512012835.jpeg

"Dancing On A Saturday Night"「土曜日はダンスで」(Lynsey de Paul)
再びBarry Blueとの共作。Barry Blueがシングルを発売したため、英国ではシングルとして出なかったようです。

Barry Blueのバージョンは、大ヒット。
(ジャケありません)

"Dancing On A Saturday Night"「ダンスでごきげん」(Barry Blue)
Barry Blueのデビュー・シングル。こちらは、アップチューンです。1973年にUKチャート2位を記録しています。

1974年英国では、ドラマ主題歌が大ヒット。

"No Honestly"(Lynsey de Paul)
Lynsey de Paul作品。1974年UKチャートで最高位7位を記録。日本盤は出てないような気がします。

続くサードアルバム"Love Bomb"から
ldp07_convert_20150512012852.jpeg
"Sugar Shuffle"「シュガー・シャッフル」(Lynsey de Paul)
刺激的なアルバム・ジャケットのアルバムでしたがヒットせず。この曲は、youtubeにもない(ショック)LynseyとBarry Blueの共作。

小林麻美のカバーがありました。1984年のアルバム「CRYPTOGRAPH~愛の暗号~」収録。

"Sugar Shuffle"(小林麻美)

ともかくロック・ミュージシャンに人気があり、浮名を流したのは、Ringo Starrをはじめ数知れず。Ian Hunterとも共演しています。
ldp08_convert_20150512012909.jpeg

"Roll Away The Stone"「土曜日の誘惑」(Mott The Hoople featuring Lynsey de Paul)
アルバム"The Hoople"「ロックン・ロール黄金時代」からのシングルカット。Lynseyは、コーラスとセリフで参加しています。UKチャートでは、8位を記録。

ldp09_convert_20150512023124.jpg
64歳の時のLynsey。

Primal ScreamがFacebookで追悼メッセージを出したほか、Michael BallやKim Wildeなど多くのミュージシャンから追悼の言葉が届けられました。あらためてご冥福をお祈りします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR