悲しき朝やけ と 君のもとに帰りたい

Jersey Boysは、Four Seasonsにちなんで春・夏・秋・冬の4つの章に分かれています。そしてメンバーの内の一人が各章のナレーション(語り)を担当しています。今日は、秋の章に登場する二曲、ナレーターは、Nick Massiでグループ内のトラブルからメンバー脱退までが描かれます。
dawn01_convert_20141213030354.jpeg

"Dawn (Go Away)"「悲しき朝やけ」(The Four Seasons)
映画とミュージカルでは使用場面が違うようですが、映画ではオハイオの野外コンサートのシーンで歌われます。 Bob GaudioとSandy Linzerの共作曲。1964年フィリップス・レーベル移籍第一弾シングル。この頃になるとビートルズの影響でチャート一位が取れなくなってきます。ちなみにB面は、Beach Boysを意識したバラード。
1964年Billboard最高位3位。

dawn03_convert_20141213033331.jpg
映画プレミアのレッドカーペットから、John Lloyd Young (Frankie Valli役)とRenée Marino(Frankieの妻役)。

さらに続きます。
映画でのシーンがこちら


そしてもう一曲。
wmwbty20150109.jpeg

"Working My Way Back To You"「君のもとに帰りたい」(The Four Seasons)
"Opus 17"と同じDenny RandellとSandy Linzerの共作。同名のアルバムに収録。Nick Massiが在籍した最後のアルバムです。映画の中では、途中で語りが入ったり、”Dawn”のシーンが入ります。
1966年Billboard最高位9位。

この曲は、The Spinnersのカバーでも大ヒットしてます。こちらで紹介。

映画撮影最終日のキャストたち。
dawn06_convert_20141213035929.jpg
4人の他、中央にJoe Pesci役のJoseph Rosso。(この人若い頃のJoe Pesciによく似ています。)左上にBob Crewe役のMike Doyle。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR