Glee Request: Why Not Me (ホワイ ノット ミー)

Karofsky復帰といえば、昔、カロに歌わせたいと思っていた曲。Max Adlerは、ハイスクール時代は、Glee部所属のショーコーラー経験者。最終シーズン歌わないかなあ。でもこの曲は、残酷かなあ。(男版「ウエディング・ベル」)
wmn01_convert_20140826014114.jpeg

"Why Not Me"「ホワイ・ノット・ミー」(Fred Knoblock)
AORのほぼ一発屋。ミシシッピー州出身カントリー系のシンガー・ソングラーター。1980年メジャー・デビューアルバム"Why Not Me"からのファーストシングル。Fred KnoblockとCarson Whitsettの共作。アダルト・コンテンポラリー・チャートでは、1位を記録。こう見えてもこの時26歳だそうです。
1980年Billboard最高位18位。

さらに続きます。
(訳詞)
また別の結婚式へ出かける
こちらもジューン・ウエディング
僕はまた花嫁の側
なぜいつもこの曲ばかりかけるんだろう
みんなの知ってる奴さ
僕たちが二人で歌うことなく終わるってないよな
彼女の父が彼女と腕を組んでやって来る
彼女の隣には僕がいたのに
少なくとも彼女が別の恋人が現れるまで
そしてその時まで

*なぜ僕じゃないんだ
僕たちは愛し合っていたのに
彼女はそう思ってなかたのか
僕たち一緒にやれるはずだったのに

**なぜ僕じゃないんだ
僕たちは愛し合っていたのに
でもフラッシュの中、彼女は去っていってしまう
永久に

思うにみんなここにいる
Bill やCharleyの姿見見える
まてよ
Eddyは、スマートになったから、ゴルフに行ったはず
彼は、そっちに行かなきゃならなかったのさ

なぜ皆は同じ質問をするのだろう
みんなの知っているやつさ
今言わなきゃいけないのか
もしくは心の安らぎを永遠に

*、**繰り返し
永遠に去っていく

式は、盛大に続いていく
でも過去の恋人たちには、最後のステージ
米粒を握り締め
床に撒くのさ
レセプションで酒を飲み
彼女のことを二度と考えなくていいように
僕はおめでとうと言うよ
君たち二人は、実に素敵さ
いや本当に

*繰り返し

(HY訳)

なんかしみったれった歌詞ですが、微妙に泣ける要素があるんです、この人の曲は。

さらにデュエット曲で小ヒット曲が、
wnm02_convert_20140826014147.jpeg

”Killing Time”「愛のモーメント」(Fred Knoblock & Suzan Anton)
当時"Foxy"をヒットさせたセクシー系歌手スーザン・アントンとのデュエット。スーザンのアルバム"Foxy"のみに収録。
1981年Billboard最高位28位。

あまりこれといった特徴のない人ですが泣きのメロデイが心に残る不思議な人です。

"Can't Keep For Crying"「泣かずにはいられない」(Fred Knoblock)
結局このデビューアルバムは、よく聞いていました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR