Glee Rquest : Never Surrender (コリーに歌って欲しかった歌 ①)

昨年の7月13日にCory Monteithが亡くなって早一年ですね。Gleeの回想シーンで彼が出てくると未だに胸のこみ上げてくるものがあります。リーダーシップがあって、演技ができて、ハートに響く歌が歌えて、だけどダンスは上手く踊れない。本当に将来が楽しみな人でした。そんな彼に歌って欲しかった曲。70年代から80年代のロックナンバーで彼と同郷のカナダ出身のアーティストから選んでみました。
ns01+001_convert_20140712033757.jpg

"Never Surrender"「ネバー・サレンダー」(Corey Hart)
カナダ・ケベック州出身のシンガー・ソングライター。若干20歳でメジャー・レーベルと契約、翌年デビューした。ファースト・シングル"Sunglasses At Night"は、カナダ・USで大ヒットし、セカンドアルバム"Boy In The Box"からのファーストシングルがこの曲。Corey Hart自身の作品。
1985年Billboard最高位3位。

ns05_convert_20140712040343.jpg



さらに続きます。
(訳詞)
あと少しの時があればいい
閉ざされた扉を開くには十分だ
少しの疑いでさえ君を負けに導く
そうしたら、誰も君に理解を示さなくなる
誰も君に協力しなくなる

*だから、自分を見失っても
あきらめちゃダメさ
道の先に安らぎの場所がなくても
あきらめちゃダメさ
暗くて寒い夜でさえ
光を見つけることができるよ、君ならできる

君の戦いをやめさせることなど
誰にも出来やしないのさ
だから決してあきらめるな

あと少しの忍耐でやり遂げられるよ
一方的なこだわりを持ったらダメさ
そうしたら、誰も君に理解を示さなくなる
誰も君に協力しなくなる

*繰り返し

(HY訳)

気の利いた事が言えんので、曲ですいません。

さて、Corey Hartは、ソングライティングに非凡な才能を示しヒットを連発します。デビューシングル。
ns02_convert_20140712033839.jpeg

"Sunglasses At Night"「サングラス・アット・ナイト」(Corey Hart)
ファースト・アルバム"First Offense"からのファースト・シングル。Corey Hart本人の作品。Pet Shop Boysが、"West Ended Girls"とマッシュアップしたカバーを発表しています。
1984年Billboard最高位7位。

続くシングル。
ns03_convert_20140712033915.jpeg

"It Ain't Enough"「とどかぬ想い」(Corey Hart)
ファースト・アルバム"First Offense"からのセカンド・シングル。こちらもCorey Hart本人作品。
1984年billboard最高位17位。

最後にカバー曲。
ns04_convert_20140712033945.jpeg

"Can't Help Falling In love"「好きにならずにいられない」(Corey Hart)
プレスリーの大ヒット曲のカバー。 Hugo Peretti, Luigi Creatore, George David Weiss3人の共作。オリジナルは、1962年Billboard最高位2位を記録。カバーしたアーティストは多数いますが、Billboard的には、UB40のカバーが1993年に最高位1位を記録しています。サード・アルバム"Fields Of Fire"からのセカンドシングル。
1987年Billboard最高位24位。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あれから1年たつのですね。
今だに、彼の存在の大きさを思いしらされます。
コリーハート、いいですね!
Never Surrender も名曲ですが、私は、Can't Help Falling in Love が大好きです。
オリジナルとは違って、ちょっと不器用な男の子が、一生懸命愛を語っているような雰囲気にしびれてました。
本当に、Cory に歌ってほしかったですね!

No title

HY様
こんばんは。
1年経つんですね。もう1年なんて早いなあと思う反面、まだ1年かあとも思えます。HY様と同じく、ちょっとした場面でもCoryを思いだすとこみあげるものがありますね…
ただ、シーズン最後のレイチェルの深呼吸と目線で、私は胸いっぱいになってやっと一区切りついた気がしました。受け入れてしまうと、1年前とはまた違った寂しさ悲しさも感じてます。
最後までいて、もっと歌ってほしかったですね。

Re: タイトルなし

natsumi 様

コメントありがとうございます。

> 今だに、彼の存在の大きさを思いしらされます。

ほんとですね。Gleeのストーリーラインに重くのしかかっている感じがします。最終シーズンでは、いい形でまとめて欲しいです。

> Never Surrender も名曲ですが、私は、Can't Help Falling in Love が大好きです。

誰もが知ってるようなスタンダード・ナンバーをカバーするのは大変なことなのに自分のカラーで歌い上げていますね。20歳代とは思えぬ表現力だと思います。

> 本当に、Cory に歌ってほしかったですね!

声質も近いのでいい感じになったと思います。自分も聞きたかったです。

Re: No title

Raikko 様

いつもありがとうございます。

> ちょっとした場面でもCoryを思いだすとこみあげるものがありますね…

Nationalsの時のシーンは、辛いものがありましたね。

> ただ、シーズン最後のレイチェルの深呼吸と目線で、私は胸いっぱいになってやっと一区切りついた気がしました。受け入れてしまうと、1年前とはまた違った寂しさ悲しさも感じてます。

人との別れというものはどこかで心の整理をつけないと・・・いつまでも引きずるわけにはいきませんし。時間が解決するしかないのかな。寂しさの質もどんどん変化していくんでしょうね。

> 最後までいて、もっと歌ってほしかったですね。

Coryに合いそうな曲は、まだたくさんありますから。ちょっとハスキーな声なのでロックナンバーをもっと歌って欲しかったです。
検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR