Glee Season 5 Ep18 : The Rose ② Strangers In The NightとBuckets of Rain

華々しい歌手デビューをしたBette Midlerですが、サード・アルバムでセールス的には見事にコケます。デビューアルバムから2作連続BillboardTop10を記録した彼女が、このアルバム"Songs for the New Depression"「ベットミドラーⅢ」では、最高位27位と低迷さらにシングルヒットなしの状況でした。しかし評論家には評価が高く、個人的にも名曲ぞろいの名盤だと思います。ファーストシングルは、こちら。
tr04_convert_20140502001822.jpeg

"Strangers In The Night"「夜のストレンジャー」(Bette Midler)
Bette Midler自身もプロデュースに参加。豪華ゲストも迎え万全の体制で出されたアルバム。ファーストシングルは、シナトラの名曲を当時流行のディスコ調のアレンジで歌っています。個人的には、よりによってこれがシングル?という感じなのですが・・・
1976年Billboardチャートインなし。



さらに続きます。
アルバムには、こんな名曲も。

"Buckets Of Rain"「雨のバケツ」(Bette Midler Featuring Bob Dylan)
Bob Dylanのアルバム"Blood On The Tracks"「血の轍」の最終曲。歌詞は、例によって哲学的ですが、Betteとデュエットすると熱烈なラブソングのようにも聞こえます。ディランが他の人のアルバム客演は、比較的珍しいのでは?

そしてTom Waitsのこの名曲も

"shiver me timbers / samedi et vendere"「シバー・ミー・ティンバース/土曜と金曜」
メドレーの一曲目は、Tom Waitsの作品。

オリジナルは、こんな感じです。

"Shiver Me Timbers"(Tom Waits)
Tom Waitsのボーカルがダメな人にも聴きやすいと思うのですが。アルバム"The Heart Of Saturday Night"「土曜の夜」収録。

当時注目の女性シンガー・ソングライターの曲。

"I Don't Want The Night To The End"(Bette Midler)
"San Francisco Bay Blues"や"Poetry Man"のヒットで知られるPhoebe Snowの曲。オリジナルは、アルバム"Phoebe Snow"収録。

他にも、Todd Rundgren参加曲など名曲ぞろいでした。

その後も低迷は続きますが、こちらの曲が小ヒット。
tr05_convert_20140505013520.jpeg

"Married Man"「素敵なマリード・メン」(Bette Midler)
5枚目のオリジナル・アルバム"Thighs and Whispers"からのファースト・シングル。またディスコです。
1979年Billboard最高位40位。

そしてこのあと映画「ローズ」に初主演。二度目のブレイクとなります。「ローズ」以降は、次の機会に。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
6位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR