FC2ブログ

Blondie ④ Tide Is High (夢みるNo.1)

"Call Me"の大ヒットで注目の的となったBlondie、快進撃は続きます。
bl401_convert_20181012011332.jpg

"Tide Is High"「夢見るNo.1」(Blondie)
このコーナーでも取り上げたSweetやSuzi QuatroのプロデューサーでもあったMike Chapmanをプロデューサーに迎え制作された5thアルバム"Autoamerican"「オート・アメリカン」からのファースト・シングル。日本語タイトル通り全米No.1を獲得しました。曲は、ドゥーワップ・グループ"The Paragons"の1966年の曲のカバー。レゲェ調になっています。
1981年Billboard最高位1位。



さらに続きます。

続きを読む

Helen Reddy ③ Delta Down (デルタの夜明け)

"I Am Woman"「私は女」の大ヒットから黄金期を迎えたヘレン。出す曲すべてがBillboardの上位に食い込んでいくようになります。そして二枚目の全米No.1ヒットがこの曲。
hr301_convert_20181006031533.jpg

"Delta Down"「デルタの夜明け」(Helen Reddy)
十代でデビューしたロカビリー歌手Larry CollinsとシンガーソングライターAlex Harveyの共作。初レコーディングは、Alex Harveyでした。 Tanya Tucker、Helen Reddy、Bette Midler3人がほぼ同時期にレコーディングし、Tanya Tuckerバージョンはカントリー・チャートでヒットしています。Bette Midlerもシングル・リリースの予定でしたが、"Boogie Woogie Bugle Boy"のB面になりました。Helenのバージョンは、ゴスペル調なテイストになっています。4thアルバム"Long Hard Climb"「長くつらい昇り道」の先行シングル。
1973年Billboard最高位1位。



さらに続きます。

続きを読む

Prince ④ Raspberry Beret (ラズベリー・ベレー)

大ヒットアルバムの後はプレッシャーがかかりますが、続く7thアルバム"Around the World in a Day"も連続ヒットとなりました。
prince401_convert_20180928012042.jpg

"Raspberry Beret"「ラズベリー・ベレー」(Prince and The Revolution)
ファースト・シングルは、この曲。このころPrince個人は、Sheila E(こちらで紹介)やTime(こちらで紹介)の曲提供やプロデュースで多忙を極めていました。
1985年Billboard最高位2位。



さらに続きます。

続きを読む

Blondie ③ Call Me (コール・ミー)

有名プロデューサーGiorgio Moroderの下で制作された曲が、映画「アメリカン・ジゴロ」の主題歌となり二枚目の全米No.1ヒットに輝きます。
bl301_convert_20180924023549.jpg

"Call Me"「コール・ミー」(Blondie)
映画のサウンドトラック盤からのシングル・カット。Debbie HarryとGiorgio Moroderの共作で、このあとますますディスコ・ミュージックに傾倒していくこととなります。
1980年Billboard最高位1位。 (6週)



さらに続きます。

続きを読む

Prince ③ When Doves Cry (ビートに抱かれて)

アルバム"1999"が大ロングセラーになり、ツアーも大成功したところで、リリースされた自伝的映画のサウンドトラック盤。このアルバムの大ヒットで1980年代、マイケル、マドンナと並ぶトップ・アーティストになりました。
pr301_convert_20160426010549.jpg

"When Doves Cry"「ビートに抱かれて」(Prince and The Revolution)
Prince and The Revolution名義で発表されたアルバム"Purple Rain"「パープル・レイン」からのファースト・シングル。アルバムは、なんとBilboard誌で24週1位を記録する大ヒット、現在まで13× Platinumのセールスを記録。この曲も年間ランキング1位を記録しました。映画の方もヒットし、美女たちの取り巻きに囲まれたミネアポリスの自宅でのミステリアスな生活も話題に。さらに翌年のグラミー賞でBest Rock Performance By A Duo Or Groupなど二部門で受賞しています。
1984年Billboard最高位1位。 (5週)



さらに続きます。

続きを読む

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR