Dancing With The Stars、Heather Morris 満点記録するも脱落

Dancing With The Stars (DWTS)Weeek6で、審査員得点上位だったHether Morris & Maksim Chmerkovskiy組がまさかのEliminate。番組を去りました。この日Glee Castも応援に来ていたのですが、そのまま残念会という展開に。
hm01_convert_20170426014816.jpg
Kevin McHaleのほか、Michael Hitchcock監督、GleeダンサーズJeremy Hudson、Brittany Parksなど参加。

Maksimもケガからの復帰第一線だっただけに残念だったと思います。
hm02_convert_20170426020509.jpg

審査員4人全員が10点満点をつけた今週のRumba。

Kevinたちの見守る中、会心のダンスでした。Luke Edgemonも歌手として会場にいたようです。6週までの総合得点でも3位でしたが、視聴者投票が伸びずまさかのボトム2。ラストのElimination発表でまさかのコール。Twitterも大荒れだったようです。

エイプリル・フール:変な日本語タイトル・人名編 Israelites (イスラエルちゃん)

毎年4月1日には変わった曲を特集していますが、今年は日本語タイトルが人名で変わったやつ。まず一曲目は、GleeがNHKで放映された時の『洋楽倶楽部@glee(グリー)』で取り上げられた曲・・・・たぶん
af01_convert_20170401023728.jpg

"Israelites"「イスラエルちゃん」(Desmond Dekker & The Aces)
ジャマイカ出身のレゲェ歌手、1968年UKチャートで最高位1位を記録した曲。Desmond DekkerとLeslie Kongの共作。歌詞は、、カリブに売られてきたアフリカの黒人奴隷を、さまよえるイスラエルの民に例えて歌ったいたって社会性のある曲。でも日本語タイトルはこんなことに・・・・
1969年Billboard最高位9位。



さらに続きます。

続きを読む

追悼:Al Jarreu  We're In This Love Together (奏でる愛)

グラミー賞の日に過去7度もグラミー賞に輝いたジャズ・フュージョン系歌手Al Jarreuの訃報が届きました。2月12日にロス・アンジェルスの病院で亡くなったそうです。76歳でした。ご冥福をお祈りします。数ある名曲の中から今日はこの曲を。
aj01_convert_20170214003118.jpg

"We're In This Love Together"「奏でる愛」(Al Jarreau)
5枚目のアルバム"Breaking Away"「ブレイキング・アウェイ」からのファースト・シングル。Roger MurrahとKeith Stegallの共作。彼の最大のヒットになりました。アルバム"Breaking Away"もBillboard 200で最高位9位を記録しています。
1981年Billboard最高位15位。



さらに続きます。

続きを読む

追悼 : John Wetton

1月31日、癌のためJohn Wettonが67歳で死去しました。King Crimson、Roxy Music、Uriah Heepなど有名グループを転々とし、リードヴォーカルとしても活躍したAsiaでは、デビュー・アルバム"Asia"「詠時感~時へのロマン」がBillboard 200で9週連続1位の大ヒットを記録しました。今日は、Asia時代のヒット曲を振りかえります。
asia01_convert_20170201011930.jpg

"Heat Of The Moment"「ヒート・オブ・ザ・モーメント」(Asia)
説明するまでもありませんが、John Wetton (bs、Vocal)に元YesのSteve Howe(g) 、Geoff Downes(key)、元ELPのCarl Palmer(ds)の4人の有名人で結成。デビューアルバムは、米国を中心に大ヒット。このデビュー・シングルもヒットしました。メンバーのJohn WettonとGeoff Downesの共作。
1982年Billboard最高位4位。



さらに続きます。

続きを読む

Keith Emerson、Greg Lakeを偲んで

今年の3月10日にKeith Emersonが71歳、12月7日にGreg Lakeが69歳で亡くなりました。プログレはあまり詳しくないのですが、Emerson Lake & Palmerのシングルで時代を振り返ってみようと思います。言うまでもありませんが、Emerson Lake & Palmerは、NiceのKeith Emerson(キーボード)、King CrimsonのGreg Lake(ベース・ヴォーカル)、Atomic RoosterのCarl Palmer(ドラム)の3人で結成。有名人で結成されたグループで1970年のデビューから注目を集めました。
elp01_convert_20161222034857.jpg

"Lucky Man"「ラッキー・マン」(Emerson Lake & Palmer)
Greg Lake作品(12歳の時に書いた曲)で初ヒットを記録した曲。正確には二枚目のシングルだったようです。デビュー・アルバム"Emerson Lake & Palmer"「エマーソン、レイク&パーマー」からのシングルカット。初期のムーグ・シンセサイザーが使用されています。アルバムは、UKチャート最高位4位。Billboard200で最高位18位を記録しました。
1971年Billboard最高位48位。



さらに続きます。

続きを読む

検索フォーム
プロフィール

HY

Author:HY
もはや永遠のアラフォーと開き直る既婚者
ヒットチャートものを中心とした洋楽ファン
海外ドラマや最近のアカペラまで守備範囲は広く
GLEEのWarblersのメンバーの活躍を生温かく見守っています。

当ブログのレコード・ジャケットや訳詞の無断転用はご遠慮ください。

各種ランキング参加中
よろしかったらお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
音楽(洋楽) ブログランキングへ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
14位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR